小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

更新日時:2021-02-08 07:48:25
投稿日時:2020-12-24 05:41:34

左端から見れば全部右寄り Part-5

登録タグ: 保守派  政治  日本 

作者: ST

カテゴリー :随筆・エッセイ
総ページ数:12ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:6/day 77/month 217/total

ブックマーク数:1 user
いい作品!評価数:4 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

朝日新聞や立憲民主党、韓国、北朝鮮、中国が嫌いで日本が大好きな方はどうぞお読みください、きっと楽しくお読みいただけます……多分。
朝日新聞や立憲民主党、韓国、北朝鮮、中国が大好きな方は読んではいけません、きっと気を悪くされます。

自分の立ち位置は中道ではないかと考えています。
自衛隊を国防軍と位置付けて他国からの侵略に備えるべきだと考えますが、いかなる理由があろうとも侵略戦争には反対します。
日本が好きで日本に住んでいる外国人は歓迎しますが、日本人であろうと外国人であろうと、日本を貶め、国力を削ごうとする輩は糾弾します、
それが当たり前だと、それが中道だと考えています。
でも、左端から見るならば、中道だろうが左寄りだろうが全部右寄りなんですよねぇ。

目次

P1... 1.GoToとコロナ
P2... 2.大統領選挙その後
P4... 3.夫婦別姓について
P5... 4.米大統領選挙 決着
P6... 5.二度目の緊急事態宣言
P8... 6.大統領選挙 その後2
P9... 7.ヴィーガンとポリコレ
P10... 8.バイデン大統領……。
P11... 9.近未来Wiki『フォーヴィズム』
P12... 10.森さんって……

感想コメント (32)

立花さん、ありがとうございます。 そうですが、お会いしたことが。 TVで見るだけでもそんな人柄に見えますね、素直な人は政治家には向きませんねw | ST | 2021-02-08 13:03:30

→ マスコミとしてはオリンピックが中止になると関連会社を含めて倒産するところもあるはずですから、あまり叩かない方が好いと思うのですが、それ以上に日本を貶めたいのでしょう。 | 立花 詢 | 2021-02-08 11:12:49

→ STさんがお書きになったことを自民党や組織内部の人間も分かっているので留任しているのだと思います。しかし、相変わらず脇が甘々ですね。今までそれで利用されたこともあったのに……。→ | 立花 詢 | 2021-02-08 11:12:40

『10.森さんって……』、大きな声では言えませんが森さんが文部大臣時代に月に一度会ってました。あのとおりの人柄です。悪くいうと「居酒屋の親父会話」で「TPOをわきまえない」サービス精神です→ | 立花 詢 | 2021-02-08 11:12:31

立花さん、ありがとうございます。 このところ真面目に(?)書いていましたが、本来はこういう茶化した書き方が私の身上ですよねw | ST | 2021-01-23 13:53:23

「9.近未来Wiki『フォーヴィズム』」、久々のST版悪魔の辞典ですね(^^) GJ!!! 「ポリティカル・コレクト」や「BLM」などなどあたくしなら「新差別主義」と呼びたいです。 | 立花 詢 | 2021-01-23 09:40:33

立花さんありがとうございます。 ですよねぇ、どんでん返しを切に願っていたんですが……とにかく中共の思い通りにさせてはいかんです、露、英、豪、印辺りも巻き込んでアメリカが戻って来るまで持ちこたえねば…… | ST | 2021-01-21 18:19:52

→ トランプは新党を結成するようなので、安倍元総理も参加して世界的な動きにしてもらいたいです。 | 立花 詢 | 2021-01-21 17:18:27

「8.バイデン大統領……。」、とうとうこのときが訪れてしまいましたね。残念でなりません。なによりもマスコミの偏りは口惜しいです。対中共が揺らいでしまいそうですね。当然マスコミは親中すから。→ | 立花 詢 | 2021-01-21 17:18:17

→ 小学校高学年か中学生くらいの女子から通りすがりに「煙草はあなたのためにならないからやめなさい」と言われました。今ごろはどこかで演説でもしていることでしょう。(^^) | 立花 詢 | 2021-01-21 17:18:06

1    |    2    |    3    |    4      次へ≫
この作品に対する情報提供