小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
渡邉めぐみ
渡邉めぐみ
novelistID. 54639
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-08-07 15:48:45
投稿日時:2015-10-17 16:43:21

生きてきた足あと

登録タグ: つれづれごと  日記 

作者: 渡邉めぐみ

カテゴリー :随筆・エッセイ
総ページ数:25ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:0/day 51/month 1139/total

ブックマーク数:4 users
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

日々、思ったことや感じたことを書きとめようと思います。

タイトルは、コーラス曲「心の瞳」から抜粋しました。

「たとえ明日が少しずつ見えてきても
 それは生きてきた足あとがあるからさ」

今の自分があるから、明日がやってくる。
そのことを実感しながら、書いていきたいです。

目次

P1... 10年目、ひとりごはん 2017/08/07
P2... 10年目、おもちゃとの格闘 2017/08/06
P3... 書店員、はや一か月 2017/05/21
P4... ひと段落、そして書店員になりました 2017/04/10
P5... 添削メッタ切り 2017/03/26
P6... 超低迷期をごまかしながら過ごす 2017/02/27
P7... 山場は乗り越えた!! 2017/01/30
P8... 締め切りだらけ! 2017/01/23
P9... ようやく始業式、そして書くこと 2017/01/10
P10... 『影さえ消えたら』掲載開始! 2017/01/06

1   |   2   |   3      次へ≫      

感想コメント (107)

鏡湖様>台風の影響で夫が早帰りになったこともあり、大食い次男もはらぺこの帰宅で結局ひとりごはんにはなりませんでしたが…これからはそんな時間も増えるんでしょうね。 | 渡邉めぐみ | 2017-08-07 23:20:58

いつのまにか、ひとりごはんが珍しくなくなりました。でも、慣れることはありません。幼い子どもたちとの団欒、幸せな時間ですね^^ | 鏡湖 | 2017-08-07 16:36:49

伊達様>タイムカプセルいいですね!トイストーリー3のように、屋根裏(ロフト)にあげてしまうのもアリかもしれません(^^♪彼らが大人になったとき、当時を思い出すのもいいものですね。 | 渡邉めぐみ | 2017-08-07 15:34:17

値打ちが無いのに思い出で捨てられないもの、自宅になったので、タイムカプセルごっこで家の庭に埋めることも出来ますね。 | 伊達梁川 | 2017-08-07 14:08:01

吉葉さま>返信がすっかり遅くなり申し訳ありません!書店員されてたんですね!毎朝新刊がきては紐かけしたりビニールで包んだりの日々です。まだ返品処理まではできませんが、がんばります! | 渡邉めぐみ | 2017-06-07 14:19:36

アルバイト経験ありです。万引き多いですし、以前は本のカバーなどもしました。返品の整理など思い出します。頑張ってください。 | 吉葉ひろし | 2017-05-28 10:07:34

八馬様>100番ありがとうございます!今日発売の「宝石の国」というコミック、表紙がきらきら光る加工をしていてその美しさにびっくりしたところです。漫画+付加価値で出版社もがんばってるんだなと思いますね~ | 渡邉めぐみ | 2017-05-23 22:27:21

キリ番いただきました♪。書店はネットにはない一目惚れと似たような出会いってありますよね。なので衝動買いすること結構あります。形やレイアウトそして……値段に惹かれて。 | 八馬八朔 | 2017-05-23 21:54:43

理柚さま>全く返信をわすれており、申し訳ないかぎりです……本屋の仕事のこと、少しずつ書いていけたらと思っています(^^♪ | 渡邉めぐみ | 2017-05-21 22:56:45

ご入学おめでとうございます!書店員って憧れます~。(きっと実際はたいへんだと思うんですが)いろんなタイトル見てるだけで血圧あがっちゃいそうです。がんばってください! | 理柚 | 2017-04-18 09:52:26

1    |    2    |    3    |    4    |    5    |    6    |    7      次へ≫      [11]
この作品に対する情報提供