小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
健忘真実
健忘真実
novelistID. 9436
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2011-05-28 04:16:55
投稿日時:2010-06-20 11:35:44

ちょっとした出会いから

作者: 健忘真実

カテゴリー :掌編小説・ショートショート
総ページ数:16ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 14/month 5590/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

毎日毎日いろいろな人と出会います。
印象に残った人から想像して、物語を作ってみました。

1話 犬の散歩のときに時々出会う人、
   仁王さんのような顔で睨んでいるような・・ほんとは笑顔だったりして・・
2話 「自転車は左側通行」と言ってすぐそばを通り過ぎたおじさん。
   偏屈もんと思っていたら、後日若者が同じ言葉を吐いて通り過ぎた。
3話 祖父母・父母、6つの懐で今は裕福に暮らせても将来にあるものは・・
   考えるとぞっとする。
4話 ランニング中に出会う人たち。そして大阪国際女子マラソン
5話 大峰山系でクマにあった。

5つの作品を1つにまとめました。

目次

P1... 1話
P4... 2話
P8... 3話
P12... 4話
P14... 5話

感想コメント (2)

大型動物で牛、馬、イルカ、ゾウには触ったけどクマはまだ。冬眠前の野生のクマの毛並みはテカテカして美しい。触りたい、とゆう気になったのは本当です。ぴきにんさん、ありがとうございます。 | 健忘真実 | 2014-12-04 18:50:22

犬の散歩中にすれ違う人にも、それぞれの人生があるんですよね。クマの心境、面白かったです。 | 退会ユーザー | 2014-12-04 10:44:56

この作品に対する情報提供