小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

あなたが残した愛の音。

INDEX|2ページ/20ページ|

次のページ前のページ
 

1 突然の電話



「次長、今、なんか気になる言葉を聞いた気がするんですが。」
「パパって?」
「なんか怪しい関係みたいな感じだったりとか、ですか?(笑)」
「ははは。想像以上にね。」
「もう、本当は何なんですか?」
「彼女には、月に5万円ぐらい渡してるんだ。」
「え? マジですか?」
「と言っても愛人とかじゃないから。彼女にピアノを習ってるのさ。それに今年の6月に、彼女結婚するんだよ。」
「おいくつ・・・?」
「29。」
「あーあ、私、今日で一つ年上になっちゃった。」
「このレストランも最高なんだけど、本当は彼女がいるからよく来るんだ。ディナータイムには、彼女の生演奏も聴けるし。」

整った顔立ちで、スタイルもよく、博之とは親しそうに接客するウェイトレス。彼女との出会いは、一本の電話から始まった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
二年と少し前の秋。
家族が買い物に出かけ、一人で留守番をしていた日曜の昼前、博之はその電話に出た。携帯電話とは違い、自宅の固定電話は、ほとんど使っていない。たまにかかってきても親族か、セールスが多いので、受話器を取っても、自分から苗字を名乗るようなこともない。

「はい、もしもし?」
「あの私、川嶋と申しますが、木田さんのお宅でしょうか?」
若い女性の声で、とてもゆっくりと丁寧な話し方である。

「そうですけど。どういったご用件ですか?」
「博之さんはご在宅でしょうか?」
「私ですが。」
相手は暫く黙った後、
「あのう、突然お電話して申し訳ありません。ご迷惑とは思うのですが、実は、お会いしてお話したいことがありまして。」
「えっと、セールスか何かならお断りしますので・・・」
「いいえ。違います。」
少し早口になったその言葉に、切羽詰ったものを感じた。いい加減なセールスの電話なら、こんなに引き止めようという気迫はない。