小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

あなたが残した愛の音。

INDEX|1ページ/20ページ|

次のページ
 

プロローグ



「ぇえ? こんな高そうな店、いいんですかあ?」

笑顔でわざとらしく聞く女性。

「こんなとこでもランチブッフェは、意外にリーズナブルだよ。」

エスコートに慣れた紳士。


ホテルの37階にあるレストラン。普段見ることのない角度から、見下ろす街の風景は新鮮である。
博之はお気に入りのこの店に、部下の女性主任を連れて、土曜のランチに来ていた。彼女とは、会社の忘年会でたまたま隣の席になって話が弾み、1月の誕生日にランチをごちそうする約束をしていたのだった。

この主任には彼氏がいない。寂しいバースディを、ほんの少しサポートしてやるつもりで、博之には下心などなかった。妻にも今日、この女性と食事に行くことを正直に話して来ていたのだが、彼女の方はというと少し違う。やり手の次長と二人だけで、ホテルで食事。そのシチュエーションに何も思わないはずは無い。相手が40過ぎでも、もしもの時のために一応準備はしてきた。しかし、心の準備はまだだった。
一方、博之はそんなことはまったく考えず、この店に来たのは、もう一つ目的があったからだ。

店に入ると、小柄で童顔のウェイターが、笑顔で二人を案内したが、博之はこのウェイターとは初対面だった。その彼が、いつも座る窓際を通り過ぎたので、
「この席がいいんですけど。」
とウェイターを呼び止めた。すると、少し戸惑った様子で、
「申し訳ございません。表示はしていないのですが、ご予約をいただいているお客様がいらっしゃいますので・・・」

この時、博之はこの男性の話をあまり気にしてはおらず、店の奥から早足に近寄ってくるウェイトレスに、微笑みかけていた。そのウェイトレスは、博之のところに来ると、ウェイターに対し、
「この席でいいのよ。」
と言って、一緒にいる女性のために、椅子を引いた。ウェイターも博之の椅子を慌てて引いた。

「いらっしゃいませ。今日は若い人と来たのね。パパ。」