小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|9ページ/56ページ|

次のページ前のページ
 

第二話 名前



 名前。
 気にしたことが無い。
 私の船の名前さえ、考えたことも無い。

 なぜなのだろう。人には名前が必ずあるのに、どうして私に名前が無いの?
 私が人間では無いから?
 そう。私は人では無い。

 W-159Kは、自分がアンドロイドであるということを自覚しているのに、私は自分が何者であるのか、疑問に思ったことなんて無かった。それはずっと、一人だったから?

「この猫には、名前がありますか?」
「名前は付けていないの。」
「どうしてですか?」
「必要だと思わなかったから。」
「では、この猫の存在価値は何ですか?」
「存在価値?」
「置物ですか?」
「置物?」
「部屋を飾るための置物には、名前が要りません。」
「そうじゃないわ。友達よ。」
「では、名前が必要です。」
「・・・。そうね。考えておくわ。」

 私の存在価値とは、何なのだろう。