小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|24ページ/28ページ|

次のページ前のページ
 

最終話 記憶



目が覚めると、いつも耳鳴りがする。
体が冷えているわけではないのに、暫くは足を思い通りに動かせない。

エルは目が覚めた。
また、人工睡眠から開放されたのだと思った彼女は、目を瞑り、暫く呼吸を整えていた。そして彼女は、周囲がとても静かだということに気が付いて、目を開けた。

そこは、見たことがない、明るく清潔な部屋の中だった。
記憶を辿ってみたが、再起動後の脳はシステム最適化に時間がかかり、暫くは状況がつかめずにじっとしていた。その後、体を起こそうとしてみたものの、やはり彼女の体は思うように動かなかった。
首を伸ばして、部屋の中を見渡していると、ドアが開いて誰かが入ってくるのが分かった。

「エル!」
その声は、キュウだった。

「キュウ。大丈夫だったの?」
「目が覚めたんだね。よかった!」
キュウはとても嬉しそうに、大きな声で叫んだ。彼は大きく成長していた。

その声を聞いて、また一人、誰かが部屋に入ってきた。
「エル。私が・・・私が分かりますか?」
エルは暫く黙って、彼の顔を見つめた後、
「ケイ、年を取ったわね。」
そして、たどたどしく両手を伸ばして、ケイを力いっぱい抱きしめた。

「私一体、どうしたの?」

ケイは次のように説明した。

エルの船は、なんとかこのアップルに、帰還することができました。
あれだけの損壊にもかかわらず、エルは奇跡的に生還できたのですよ。

アッシュが起爆剤を点火する直前、エルは船のスラスターを、無理やり全開で噴射していたでしょう。その時、難破船から移植導入していた“エネルギー防壁”が船体剛性維持のため、自動的に船全体に展開され、爆発から守ってくれたのです。
しかし、船内に隠されていた起爆剤は、エルのすぐ側で爆発しました。キュウはエルに抱きしめられて損傷は少なかったようですが、エルの体は修理不可能なほど破壊され、意識を失くしてしまったそうです。

その後、キュウがストレージケースにいたジェイを起動して、彼にエルを助けてほしいと泣きながら頼みました。
ジェイは船内の惨状を見て状況を把握し、無表情でエルを再起動しようとしましたが、目覚めないあなたを、そのままの状態で、タックと共に人工睡眠キャスケットで保存してくれました。

そしてジェイとキュウは協力して、船のコクピットを、難破船から流用した部品で、3ヶ月かけて稼動できるまでに修復し、エルが持ち帰ると指示していた格納庫モジュールを分離、曳航して、手動で操縦しながら、彼らはまだ見ぬ惑星アップルを目指しました。

そして、エルの船は12年かけて、この星に辿り着いたのです。