小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

聞く子の約束

INDEX|7ページ/51ページ|

次のページ前のページ
 

 テーブルに摘まむものがなくなったタイミングで、彼女が気を利かせてカウンターにチップスを取りに行ってくれた。そうすると周囲の男性は、途端に会話が止まり、僕の周りに気まずい空気が流れ、静かになった。思ったとおりここは森山さん目当ての集団となっていたのだ。
 カウンターに歩いて行く彼女の後姿を目で追っていたけど、やはりその途中でも、声をかけられては立ち止まって話していた。カウンターからなかなか戻って来ない状況が長く感じた。彼女も時折こちらを気にしていたが、あっちの会話は延々と続いていた。実際は5分もかかっていないと思うが、僕は待ちきれずに意を決した。
『彼女を奪い返しに行こう。』

 席を立ち、真直ぐに彼女の方へ、脇目も振らず歩いて行った。森山さんは僕に気付いた時もニコニコしたままだった。
「Look. She's a friend of mine. Can I take her away ?(あの。彼女の連れなんだけど、連れて行ってもいいかな。)」
彼女と話している男性に対し、唐突に登場してこう言い放ったので、相手は少し後ずさりした。同時に彼女が持っていたトレーを奪い取り、席に戻ろうと促した。
 その瞬間、彼女の表情が「はっ」と赤面するように変わったのを、僕は見逃さなかった。そして彼女はなんとサイドステップで、つつつっと移動し、僕の背中に相手の男性から顔を隠したのだった。その時、予期せずも、『彼女のハートを掴んだ。』と感じた。

 席に戻っても、まだ周囲が話しかけてきたが、それからの森山さんは、僕との会話を重視するようになった。テーブルでは向かい合わせで話していたけど、客が増えて店内は騒々しくなり、よく聞こえないので彼女が、
「こっちに来て。」
とベンチシートの隣に座るように促してくれた。僕がピッタリと横に座ることで他の客からの防波堤にもなった。それからは肩と肩が触れ合う距離でいろんなことを話したが、僕は舞い上がって何を話したかなどまったく覚えていない。

 その後、ホテルに行って、朝まで・・・ということは無く、店の前でタクシーに乗る彼女を見送って帰路に着いた。ちなみにその時の代金も、全額彼女が支払ってくれていた。
「バイトで稼いだ日に、使い切ったらもったいないでしょ。」
『昼に続いて夜も奢り。なんていいお姉さんなんだ。』と、僕は彼女の魅力にはまってしまった。

 この日、成り行きで飲みに行くことになった訳だけど、勇気を振り絞って女性を奪いに行くアクションを起こしたのは、一生で初めてのことだった。
『大人しくしておこうという作戦だったのに、ちょっと踏み込みすぎたかな。』と思ったけど、後に森山さんも、この時のことはとても印象深かったと話してくれていた。

作品名:聞く子の約束 作家名:亨利(ヘンリー)