小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
篠谷未義
篠谷未義
novelistID. 52614
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-11-05 13:10:36
投稿日時:2014-08-14 11:10:52

ベイクド・ワールド (下)

登録タグ: 不思議  兄弟  奇妙  学生  家族  恋愛  現代  青春  静岡  非現実 

作者: 篠谷未義

カテゴリー :現代ファンタジー小説
総ページ数:17ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:0/day 14/month 727/total

ブックマーク数:2 users
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

とある問題を抱えた十七歳の少年・深瀬亜季(ふかせあき)は、街の古書店で、
冬の夜の寒空のような瞳をした不思議な少女・黒川沙希(くろかわさき)を見か
ける。彼女はいつもその古書店に置かれた机に座り、ノートに何かを書きこんで
いた。それは、『Sin-Sekai』というタイトルの奇妙な小説だった。
ある日、驚くことにその小説に書かれた出来事が現実世界で起きる。沙希の小説
『Sin-Sekai』には、アルビナという名の少年が登場し、彼が物語のなかで起きる
事件を解決するために奔走する。
沙希は亜季のことをアルビナという架空の人物のモデルとしていた。そのために
、否応なく、亜季は沙希と共に物語のなかで起きる事件を現実世界で解決してい
くことになるのだが……。


<更新情報>
※第十章以前は上巻で完結 http://novelist.jp/71661.html
・2014-08-13 更新 (第十一章アップロード)
・2014-08-15 更新 (第十二章アップロード)
・2014-08-16 更新 (第十三章アップロード)
・2016-01-17 更新 (第十四章アップロード)
・2017-11-05 更新 (第十五章アップロード)

『第十六章 血の流れる戦場に立つ』
(執筆中;171105-)

・最終章までの各章タイトル
『第十七章 雷にうたれて死んだ人間と、雷にうたれて生まれた人間』
『第十八章 黒い心臓は一定のリズムで拍動を繰り返す、とくん、とくん、とくん、と』
『第十九章 ろんぐ・ぐっどばい』
『第二十章 ろんぐ・ぐっどばいのあとで』

************************************

本小説を書く上でモデルにしているものを列記しました。※PCからの表示を推奨

<七つのしんぼるの『モデル』>(第五章、17頁 参照)
・第一しんぼる: ウィリアム・マクエリチュラン作の彫刻『出会い』
 http://ameblo.jp/arisakinukawa/image-11418676609-12313642529.html
・第二しんぼる: 駿府城跡の徳川家康像
 https://www.google.co.jp/maps/search/%E9%A7%BF%E5%BA%9C%E5%9F%8E+
・第三しんぼる: 新静岡セノバ・シネシティザートのシアター9の14-A席
 http://www.zart.jp/schedule/
・第四しんぼる: 白髭神社の首なし狐像
 http://ameblo.jp/kuromaruku/image-10568792426-10601010131.html
・第五、六しんぼる: 辰起緑地のふたつのマンホール
 https://www.google.co.jp/maps/@34.98461,138.363949,3a,50.4y,141.73h,73.92t/data=!3m4!1e1!3m2!1sWWfP1bjRsZd_pnjTuBBjig!2e0!6m1!1e1?hl=ja
・第七しんぼる: 魚止めの滝にある炭窯
 http://www.geocities.jp/gaf03402/tenshinanataki.htm

<文学>
・『変身(Die Verwandlung)』(フランツ・カフカ)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E8%BA%AB_%28%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB%29
・『死に至る病(Sygdommen til Døden)』(セーレン・キェルケゴール)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%81%AB%E8%87%B3%E3%82%8B%E7%97%85
・『ガープの世界(The World According to Garp)』(ジョン・アーヴィング)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C

<音楽>
・『ユー・ノウ・ユーアー・ライト (You Know You're Right)』(ニルヴァーナ)
 https://www.youtube.com/watch?v=qv96yJYhk3M
・アポカリプティックサウンド(世界終末の音)
 https://www.youtube.com/watch?v=lyq0ff9KBec
・World's End Girlfriend - All Imperfect Love Song
 https://www.youtube.com/watch?v=OL_FM9h_kv4

<その他>
・静岡駅前地下街爆発事故
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E9%A7%85%E5%89%8D%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E8%A1%97%E7%88%86%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85
・象蟲(ぞうむし)の『モデル』:ダリ象
 http://pds.exblog.jp/pds/1/201009/14/93/e0099693_22242915.jpg
・ソ連の宇宙犬
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A3%E3%81%AE%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%8A%AC
・ライブハウス『Sunash』
 http://sunash.info/
・ライブハウス『UHU』
 http://livehouse-uhu.com/

目次

P1... 第十一章 奪った日常と、奪われた非日常、その反転に関する考察
P4... 第十二章 ふと、壁掛け時計を見てみると、四時四十四分を示していた
P8... 第十三章 世界の終りの彼女が、すべての不完全なラヴ・ソングを歌う
P12... 第十四章 贋物の世界にいる本物の私と、本物の世界にいる贋物の私
P15... 第十五章 ほら、足元をよくみてごらん、今日の君の影は昨日と比べると、とっても...

感想コメント (2)

続きをお待ちしていました。読みながら、登場人物たちの様に翻弄される自分を感じます。夢と真と現と虚ろを自在に行き来する作風からは目が離せません。 | 匿名 | 2016-01-17 20:25:14

この先がどう展開されるのか、どんな結末を迎えるのか、怖くもあり楽しみでもあります。連載も何かとご苦労かとお察しします。あまりご無理なさらず、どうぞご自身の納得のいく創作を続けてくださいね。 | 退会ユーザー | 2014-08-27 00:42:49

この作品に対する情報提供