小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
森本晃次
森本晃次
novelistID. 62889
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2024-07-04 21:35:31
投稿日時:2024-07-04 21:35:31

小説の書かれる時(後編)

作者: 森本晃次

カテゴリー :推理小説・ミステリー小説
総ページ数:18ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:3/day 61/month 61/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

前作品からの後編であるが、交換殺人と、密室殺人のそれぞれを組み合わせるような話だが、これが果たして、計画されたものなのか? どこまで曖昧な小説が書けるかということで、そもそもの犯罪が、誰にも知られない関係性と、それによって、偽装汪作が、功を奏しない密室殺人との関連性をいかに考えればいいのだろうか? 作成期間:2023年8月12日~2023年8月日。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供