小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
森本晃次
森本晃次
novelistID. 62889
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2024-05-14 22:02:17
投稿日時:2024-05-14 22:02:17

記憶の原点

登録タグ: デジャブ  夢というもの  守護神  老人  記憶喪失 

作者: 森本晃次

カテゴリー :オカルト小説
総ページ数:19ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:2/day 35/month 35/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

「自分の見ている夢というのが、どういうものなのか?」ということを考えている、可憐という少女は、まだ中学生だった。彼女は記憶喪失ではないかと夢の中で感じていたが、そんな夢の中で出てきた老人が気になっていた。その老人が、また夢に出てきたのだが、前に言われたことを証明するかのように出てきて、最後通牒のようなものを、可憐に突き付けるのだった。作成期間:2023年5月23日~2023年5月27日。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供