小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
森本晃次
森本晃次
novelistID. 62889
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2021-02-18 04:00:13
投稿日時:2021-02-18 04:00:13

意識の封印

作者: 森本晃次

カテゴリー :オカルト小説
総ページ数:27ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 9/month 40/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

三十後半になった竜馬は小学生時代に気になっていた直子という女の子のことを思い出していた、それを思い出すきっかけになったのが、コスプレ喫茶であったが、ひょっとすると直子を思い出すことでその店にいくきっかけだったのかも知れないとも思う。小説を書いている竜馬が、このコスプレ喫茶、あるいは直子の思い出に対し、どんなことを感じるのであろうか?

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供