小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

食べるしかない

INDEX|1ページ/2ページ|

次のページ
 
「これが…」

閑散とした放課後の教室。

机の上に佳奈さんが置いた包装された小箱に、一子さんが身を乗り出します。

「─ 噂の銘菓『夢旅人』?」

「そう」

「…綾は?」

「今日は、都合悪いんだって」

手に取った箱を宙に浮かせた一子さんは、底に描かれた日付を確認しました。

「消費期限が短いから…今日2人で食べるしかないねぇ」

「一番楽しみにしてたんだけどねぇ。綾ちゃんが」

「運の悪い子」

再び机に戻された小箱の包装紙を、佳奈さんが丁寧に解き始めます。

「綾ちゃんは、次の機会って事だね…」

「代金、2人で折半かぁ」

佳奈さんは、包装が取り除かれた箱の蓋を開けました。

「3個入り」

「1人1個と半分…」

顔を上げた一子さんが、ニヤリとします。

「─ でも それだと、面白くないよね。」

「え?」

「何かで対決して勝った方が、2個取る事に しよう!」

「一子ちゃんって…そう言うの、好きだよねぇ」

「で、何で勝負する?」

「早くリーマン予想を証明出来た方が勝ち」

「…それ、100万ドルが貰える難問だよね?」

「じゃあ、先に どこに邪馬台国があったかを証明出来た方が…」

「何でお菓子1個のために、古代史マニアに挑戦しないといけないの!」

「だったら…じゃんけん。」

作品名:食べるしかない 作家名:紀之介