小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|13ページ/28ページ|

次のページ前のページ
 

第6話 難破船



不可解なSOS音波信号の発信源までは、あと2日の距離にいることが分かったわ。
難破船発見のため、ジェイにセンサースキャンの作業を任せて、私は自分の部屋でケイからのメッセージを確認したの。2年半の間にかなり溜まっているようね。
私は照明を暗くしてから、タックを抱き上げ、それらのメッセージを連続してスライド再生に設定にした。すぐに薄暗い空中に、3D再生されたケイが現れた。

『エル。無事目覚めましたか? エルが出発してから3日です。今日からインフィニチウムの採掘を再開しますが・・・』

『エル。おはよう。7日目の朝は、驚きがありました。ブタが子供を産んだので・・・』

『エル。今日、リンゴの木をドームの外に植え替えました。あなたの希望通り、日当たりのいい・・・』

『エル。ついにインフィニチウムの反応が確認できました。一人でアクセスするには・・・』

『エル。あなたが私を起動して、今日で9ヶ月が経ちました。この星の1公転周期です。つまりこの星でのバースデーを一人で祝うことに・・・』

『エル。一人きりの1年が過ぎ、雨の季節が終わり、リンゴはたくさん実をつけました。この星の名前を“アップル”と呼ぶことにします・・・』

『エル。2年が経ちました。あなたが無事、目標座標に近付いているのをこちらでも、確認できています・・・』

『エル。もうすぐ、目覚める頃ですね。あなたにとっては昨日のことですが、私は、2年半待ち続け・・・

ケイのメッセージをすべて確認するのに、13時間かかった。作業報告以外に、個人的な内容も多かった。敢えて人間的な話し方を練習してるのね。最後のメッセージには、彼の気持ちが込もっていたように感じるわ。
私には昨日のことですって? こんなに離れているんだから、私もケイに会いたいのよ。

『・・・あなたにとっては昨日のことですが、私は、2年半待ち続けています。早く、恋しいエルの顔が見たい。』

膝の上のタックが、空間モニターに映るケイの顔を見て、「ニャー。」と寂しげに鳴いた。

Peeeeeeeeeep!(呼び出し音)

「エル。コクピットへ早く。船を発見しました。」