小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
八馬八朔
八馬八朔
novelistID. 50153
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2018-01-26 23:24:04
投稿日時:2014-03-21 10:05:30

ihatov88の徒然日記

登録タグ: ネタ  四方山話  徒然な日常  随時更新 

作者: 八馬八朔

カテゴリー :随筆・エッセイ
総ページ数:141ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:4/day 114/month 6268/total

ブックマーク数:10 users
いい作品!評価数:5 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介


 徒然なるままに
  日暮らし硯に向かひて
   心に映りゆく由無し事を
  そこはかとなく書きつくれば
   あやしうこそ物狂ほしけれ

     卜部(吉田) 兼好『徒然草』

 先人に倣って、徒然に思い付いた事を徒然に書いてみました。一話完結で思い付いたら随時続けていこうかなと思ってます。マイペースで、思い付いた事を一つづつ。

 基本的にグダグダな話ですがよかったらおつきあい下さいませ。皆さんのご意見お聞かせいただければなお嬉しいです。最新のものが最初にあります。

 それでは、はじまりはぢまりぃ――

   ~ ~ ~

 更新状況

  最終更新1月26日
  第141話『寒中見舞いです』

目次

P1... 141 寒中見舞いです
P2... 140死ぬかと思いました
P3... 139これも、時代なんですね
P4... 138 忖度というコトバ
P5... 137シリーズ80'sその6 11/12
P6... 136 どーした!?八馬10/6
P7... 135シリーズ80'sその5
P8... 134シリーズ80'sその4 7/25
P9... 133シリーズ80'sその3 7/10
P10... 132シリーズ80'sその2 7/7

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ≫      [15]

感想コメント (282)

戌を馬にする~かるたの捩りですが鼻を利かせ足早にまい進致しましょ…って言葉を挨拶代わりに。作品は書けていませんがこうして日記で様子を伺うことができ♪♪今年も作品で楽しませてくださいませ。甜も頑張ります | 甜茶 | 2018-01-30 23:53:40

>皆さま ありがとうございます。事故はあったものなのでまぁ、ヨシとして。しかし示談ってこんなに手間かかるのかと毎日ヤキモキです。身体も完治してないようですし。 | 八馬八朔 | 2018-01-26 23:26:44

年明けてびっくり!!コメントってモノじゃなく「お見舞い申し上げます」陽射しの所為にされては腹も立ちます。アクセル踏んでるのはその人自身ですよね。強靭な八朔さんに助けられた相手の人生!感謝して反省です! | 甜茶 | 2018-01-07 21:15:04

こわすぎです!体大丈夫ですか~!もらい事故だとどうにもさけようがないですが、ぼんやり歩いていてはいけないなあと思いました... | 渡邉めぐみ | 2018-01-03 23:01:08

こわすぎです!体大丈夫ですか~!もらい事故だとどうにもさk3う | 渡邉めぐみ | 2018-01-03 22:58:02

アッブネ~、そういう貰い事故の可能性はあると、頭ではわかっているつもりでも、我が身に降りかかるとは思ってませんものね、とりあえず重傷でなくてなによりでした。 | ST | 2018-01-01 04:38:53

>甜茶さま。元号=時代なので、その時々の色があって、西暦より味があると思うんですよね~。 | 八馬八朔 | 2017-12-31 17:09:26

>ST様、うちはこんな感じで毎日頭の違うところを使うよう大喜利と言うなのテストをやっております……なんてね。 | 八馬八朔 | 2017-12-31 17:07:40

脱線もひとつの話題として楽しい♪ 年号名称は親しめるものだといいですね。H29が2017で-2。新号1は2019で-8。置き換えるのがややこしいなぁ。三時代を生きるのですね、四時代も頑張りましょう☆ | 甜茶 | 2017-12-27 19:06:58

部下一号氏、ナイスw でも私なら4ヶ月でなんとかしまっせw | ST | 2017-12-19 13:34:46

1    |    2    |    3    |    4    |    5    |    6    |    7      次へ≫      [29]
この作品に対する情報提供