小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
八馬八朔
八馬八朔
novelistID. 50153
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-04-22 19:46:35
投稿日時:2014-03-21 10:05:30

ihatov88の徒然日記

登録タグ: ネタ  四方山話  徒然な日常  随時更新 

作者: 八馬八朔

カテゴリー :随筆・エッセイ
総ページ数:122ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:2/day 84/month 3570/total

ブックマーク数:6 users
いい作品!評価数:2 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介


 徒然なるままに
  日暮らし硯に向かひて
   心に映りゆく由無し事を
  そこはかとなく書きつくれば
   あやしうこそ物狂ほしけれ

     卜部(吉田) 兼好『徒然草』

 先人に倣って、徒然に思い付いた事を徒然に書いてみました。一話完結で思い付いたら随時続けていこうかなと思ってます。マイペースで、思い付いた事を一つづつ。

 基本的にグダグダな話ですがよかったらおつきあい下さいませ。皆さんのご意見お聞かせいただければなお嬉しいです。最新のものが最初にあります。

 それでは、はじまりはぢまりぃ――

   ~ ~ ~

 更新状況

  最終更新4月22日 第122話『あれから30年ですよ』

目次

P1... 122あれから30年ですよ
P2... 121年度末の言い訳
P3... 120懲役14年
P4... 119便利が生む不便3/2
P5... 118固定電話2/26
P6... 117その日は良い日でしたか?2/16
P7... 116それでいいってワケでは1/22
P8... 115石の上にも桃栗1/14
P9... 114平成も29年
P10... 113今年も終わりですね12/31

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ≫      [13]

感想コメント (227)

皆同じに年月が過ぎているのに 違いがあるのはどうしたものでしょうねww 懐かしさをすぐに取り戻せる人もそうでない人も30年のそれぞれの人生素晴らしいものだったと振り返られたのでしょうね。 | 甜茶 | 2017-04-22 23:55:23

こちらも同じく気づいたら新年度でした!(;'∀')積もりに積もった用事を一つずつ片付けていますが、きりがなく、家事は積もってもネタはつもらない悲しさ(^^;)普通のネタでいいからほしい! | 渡邉めぐみ | 2017-04-02 15:03:41

>余暇ったら… はい。余暇あったらっていつもお暇な甜です^^; 年度末を意識することなく日々繋がっています。昨日とどこが違うんかい?ってな感じ(笑)でも新しいものへの目標を持つことって大切ですね | 甜茶 | 2017-04-02 09:56:59

甜茶さま、確かにこの手の話題についてのコメントは難しいと思います。ただ、人の感情というのは自分では中々抑えることは難しいのだと思った話題でした。 | 八馬八朔 | 2017-03-31 20:54:57

このような残虐な事件に関わった人物についてコメントを書くことは控えたいですが時代が変われば人も変わる…過去の判例からの進展もされるといいと思いますね。 | 甜茶 | 2017-03-11 21:57:47

>STさま、コメントありがとうございます。一番最初を読んでいただけましたか。そうなんです、ワタクシ、ガッツの申し子にはならなかった人なんです。昔の新聞、調べてみたら中々楽しいですよ。 | 八馬八朔 | 2017-03-04 18:50:35

>甜さま。そうなんですよ、日本語っていかに字面だけで識別してるかって話ですよね。文字の持つ意味よりも見た目でなんとか覚えてるっていう感じ…… | 八馬八朔 | 2017-03-04 18:48:46

漢字も変換してどれが適当かは選択しても書け!となると困ります。仕事で「石鹸」と書いてこんな形だったっけ?w 自動車道で降りる所を見落として遥か向こうまでドライブ~なんてね。楽しいかも~~;)ナワケナイ | 甜茶 | 2017-03-03 10:21:08

なるほど、新聞とは気付きませんでした、それも翌日のですね、今度探してみよう(^^) | ST | 2017-03-03 04:36:04

甜茶さま。確かに番号って覚えなくなりましたね。というわけで、次回作はその続きです | 八馬八朔 | 2017-03-02 23:29:30

1    |    2    |    3    |    4    |    5    |    6    |    7      次へ≫      [23]
この作品に対する情報提供