小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

更新日時:2022-02-09 21:36:15
投稿日時:2022-02-09 21:35:29

カップ

登録タグ: コーヒーカップ  小箱  日常 

作者: 甜茶

カテゴリー :掌編小説・ショートショート
総ページ数:3ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 10/month 329/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:1 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

ボクとキミの物語。
勝手にしてよって感じのラブロマンスですが……。

ボクの気持ちは壊れない。でも哀しいよね。
形あるものは壊れてもキミの想いはいつまでも……。

感想コメント (7)

ST さん、なだらかな感情で過ごせたらいいなぁと常々思います(笑) | 甜茶 | 2022-02-14 09:31:03

コーヒーカップが割れただけ、なのに優しい時間が流れる、良いですね、こう言うの好きです。 | ST | 2022-02-14 05:24:20

桜田さん、ほんのわずかな時間を切り貼り。そんな日常の中に「ん?」と心が動くと何となくいい日に感じます☆描けていたらさいわいです☆ | 甜茶 | 2022-02-14 00:15:34

金継ぎ皿はボクの家にも 形見 でしか有りませんし、万年筆は一本もありあません。いずれというより もう忘れてしまいそうです(^^) | 桜田桂馬 | 2022-02-13 13:33:52

些細な日常の出来事でも ここまで描かれるとは・・・ 動きがみえるようです(^^)。 | 桜田桂馬 | 2022-02-13 13:29:35

夢眠羽羽さん、それは名案!その方法いいですね。奇怪な模様になって | 甜茶 | 2022-02-12 02:35:38

私のところにもってくれば「金継ぎ」して美しく修繕しましたのに☆(^-^) | 夢眠羽羽 | 2022-02-11 18:35:20

この作品に対する情報提供