小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
森本晃次
森本晃次
novelistID. 62889
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2020-07-28 01:09:00
投稿日時:2020-07-28 01:09:00

「催眠」と「夢遊病」

作者: 森本晃次

カテゴリー :オカルト小説
総ページ数:29ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 91/month 411/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

大学生のつかさと、大学の研究員である新垣は知り合うべくして知り合ったのか。それぞれの過去から現在までの生きざま、そして考え方が交差する中、新垣は自分の研究である催眠術の実験材料につかさを選ぶのだった。選ばれたつかさにもそれなりの理由があったが、その副作用は想像を超えるものだったのか、それとも潜在意識で感じていたものだったのか。副作用の始まりとはいったいいつだったのか? 新垣は自分の掛けた催眠に呪縛を感じていた。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供