小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
平岩隆
平岩隆
novelistID. 11848
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2018-09-10 21:30:14
投稿日時:2018-09-10 21:30:14

真夏の昼間は別な顔

登録タグ: スマートスピーカー 

作者: 平岩隆

カテゴリー :怪奇・ホラー小説
総ページ数:2ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 2/month 169/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:2 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

新天地さんのお題を担当することになりました平成30年9月。
自らの首を絞めるよなハードなお題を出してしまいました。

さて平成最後の年であります。
物憂い季節となりました。
そこで
①以下から最低一択
「平成」「30年」「最後」

②初秋を感じさせるアイテムを取り入れ
「秋風」「いわし雲」「さんま」など

③時事ネタをフィクションとして取り入れて
「知事選」「逃亡犯」「凄腕ボランティア」など

④ラストは驚愕なユーモアを感じさせる(昔、古典のテストにあったよな!)捨て台詞で決めていただきたい。

①をクリアで10点、②をクリアで20点、③をクリアで30点、④をクリアすると40点の計100点満点のシビアなトライアル!
ご自身で点数を明記するもよし、ヒトに任せるもよし。
ただ100点満点が良い作品とは限らないわけですがw
ですんで誹謗中傷はナシで。
さぁさぁ、ご参加、ご参加!

てなことで自己採点。
➀は10点
②は0点w
③はこのクソ熱い猛暑を時事ネタとして取り入れるならばで30点
④飄々とした軽口でキメようと思いましたが、そんな雰囲気にならなくなってしまいましたwで0点
合計40点_orz 留年確定の衝撃の問題作!w

なんでしょうね。昔懐かしの変な映画撮ってた頃のブライアン・デ・パルマ監督作みたいなノリですかね。暑さにかまけて、ボンヤリしながら書いていたのですが、夏といえば”猟奇“!という平岩隆的なカミソリの刃は隠せたのかな、とは自画自賛w読み返すたびに深みにはまらずダラダラ長くならずを目標に最後の最後で数ページ分を割愛いたしましたw意外といえば意外なほどオーソドックスで、そいえばこんな分野は平岩隆書いていそうで書いていなかったかも・・・そうでもないかw
デ・パルマ映画をイメージしたんで、主人公はジョン・リスゴー風な感じですかね。となれば音楽はピノ・ドナッジオ、この人しかいない!

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供