小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
波音渚
波音渚
novelistID. 63766
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-11-01 00:46:15
投稿日時:2017-11-01 00:15:27

サヨナラの唄 【序章】

登録タグ: 女中  幕末  新撰組  歴史  逆ハーレム  長州藩  長編 

作者: 波音渚

カテゴリー :歴史小説
総ページ数:1ページ [未完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 5/month 389/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

時は幕末。
佐幕派と倒幕派が睨み合いを続けるその時代。
新撰組の前に、ある少女が現れた。
少女の名は小夜。
たった一人の女中であり、副長小姓。
なんとこの女子、とんでもない美少女でありながらとんでもない鈍感娘であった。


「おい小夜、お前は俺の小姓なんだから俺と相部屋でいいな。もちろん俺と毎日寝るんだ」
「ちょ、土方さん! それは狼と羊を一緒にするようなもんですよ!! 小夜、悪いこと言わないから僕と相部屋になろうね」
「おい総司抜け駆けはよくねぇなッ! 小夜、おれにしとけ」
「ぱっつぁーん!! あんたと小夜ちゃんを一緒にするのも危険だよ!! 小夜ちゃん、こんなおっさんたちほっといて、ボクと相部屋になっとこうね」
「おいおいこのムッツリ平助が。お前毎日鼻血出しすぎて死んじまうぞ。小夜ちゃん、オレとなら毎日気持ちよく寝られヘブッ!! ……ちょ、ハジメちゃん!?」
「…………」
「あははっ皆さんそんなに一人部屋が寂しいんですか? うさぎさんみたいで可愛いですね!」


くるり、くるり。
歯車は廻る。
小夜の正体、狂った男。
愛を知った彼ら、艶やかな髪。
最後に笑うのは誰?


今回は序章なのでテンションが低いですが、次回からコメディ通常装備で進行していきます。

目次

P1... 序章

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供