小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
楡井英夫
楡井英夫
novelistID. 23737
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2016-11-06 07:50:10
投稿日時:2016-11-06 07:48:07

ある親友の話

登録タグ: クリムト  北海道       

作者: 楡井英夫

カテゴリー :恋愛小説(純愛)
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 0/month 328/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:1 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

居間には、クリムトの《接吻》という絵が飾られていた。この絵は彼女のお気に入りだったことを思い出した。
「この絵を初めて見たとき、『こんなにも愛というものを美しく描くことができるのか』と感動した。黄金色がふんだんに使われているでしょう。黄金色は中世の宗教画をおいて最高の価値を意味するものなの。クリムトは愛というものを、この地上でもっとも価値あるとして表現したかったのでしょう。第一次世界大戦後、華やかなウィーンが没落する頃、彼は美術学校で学んだ。ほぼ同時期に人間的な愛をもっとも否定したヒットラーも同じ学校で学んでいた。運命の皮肉なめぐり合わせね、彼らが知り合い出会ったかどうか不明だけど」と彼女から説明を受けたことがある。
その絵のように、二人は寄り添い、愛を高しかめながら、至福の時を生きているのだろうと確信した。

感想コメント (1)

テンポに、才能を感じる。最後の愛をたかしめなからは、あれでいいの? | 松橋健一 | 2018-07-08 21:28:39

この作品に対する情報提供