小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

更新日時:2013-10-11 23:00:10
投稿日時:2013-10-11 22:58:28

芝生の中の草のように

登録タグ:   思い出  芝生 

作者: 甜茶

カテゴリー :私小説・自伝的小説
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 1/month 344/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:3 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

懐かしさと残しておきたい思いを綴ってみました

感想コメント (8)

海野ごはんさん 今と景色は違うのに記憶はそのままなのは嬉しいものですね。今秋、更地にすることになりました。今、この話を読んでくださったこと…不思議を感じます。 | 甜茶 | 2014-08-16 00:52:36

大人になっても子供の頃、家のそばで遊んでる自分の夢を見ます。そんな世界に引き戻されました。 | 海野ごはん | 2014-08-15 23:24:25

伊達さん その場所に立つと思い出す風景、行動。場所の数だけの思い出が増えますね。 | 甜茶 | 2013-10-12 18:24:15

生まれ育った家は何十年も前に建て直し、でも場所は同じだから風景の思いでは残っている。嬉しいことだ。 | 伊達梁川 | 2013-10-12 17:46:15

桜田さん その住まいの周りは最新のマンション。そのギャップも趣が・・・(笑)無くなって欲しくないです。 | 甜茶 | 2013-10-12 17:31:23

吉葉さん 思い出話は尽きませんが、モノは古くなっても寂れた思いにならないのは幸せです。 | 甜茶 | 2013-10-12 17:27:09

なつかしい 僕も帰りたい。けれどもうない。忘れないうちに思いだして、書いてみようっと!ありがとう | 桜田桂馬 | 2013-10-12 13:53:44

懐かしいですね。いなかに行けば出会える古民家の様な家。イラガは電機虫とも言いますね.刺されるとすごく痛いです。 | 吉葉ひろし | 2013-10-12 08:14:39

この作品に対する情報提供