小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
東 めぐみ
東 めぐみ
novelistID. 36772
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2014-03-17 22:34:04
投稿日時:2012-04-21 23:19:59

天つみ空に・其の一

作者: 東 めぐみ

カテゴリー :時代小説
総ページ数:9ページ [未完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 16/month 2271/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:1 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

父の残した多大の借金と共に天涯孤独になった娘お逸。
大店の一人娘として何不自由なく過ごす日々から、突然
奈落の底に突き落とされた。父は商人ながら、玄人の絵師
はだしの絵を描き、お逸にも並々ならぬ画才がある。
 そんなある日、父の友人であり絵仲間でもあった清五郎が
父の借金をすべて肩代わりしてくれると申し出た。
 お逸自身も幼い頃からよく知る人物だけに、その申し出を
戸惑いながらもありがたく受けるのだが、清五郎は
〝形式的には女房として迎えるが、内実は養女なのだから、
安気に過ごしなさい〟と言う。
 何故、娘として迎えると言いながら、お逸を〝妻〟という立場
に置くことに拘るのか。
 お逸は疑問に思いながらも、清五郎の申し出を受けるしかすべは
なく、彼と祝言を挙げるのだが―。 

感想コメント (1)

突然の父の死。莫大な借金。実感の無いままに伊勢屋清五郎の救いの手。父が好んだ万葉歌を教えた真吉に傾く、お逸の心。rumba | 退会ユーザー | 2013-05-02 10:34:45

この作品に対する情報提供