小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
中川 京人
中川 京人
novelistID. 32501
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2012-02-16 21:22:08
投稿日時:2012-02-15 21:35:36

ももも太郎……結局それがしたかったわけね

登録タグ: 侵略  古代  日本  朝鮮  歴史  民話  童話 

作者: 中川 京人

カテゴリー :純文学小説
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:1/day 4/month 227/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

ひとは物心ついたときからあったものは、ずっと以前からそうだったと錯覚するもので、しかし、こらもう、あかん人には何を言ってもあかんのだが。

感想コメント (2)

スピンオフの手法じゃないですけど、脇役、色づけ所、飾り物、といった役柄にも、当然各個人に属する視座があるわけで、そういったことに注目すれば、「おや?」とか「意外だ」となるものが書けそうな気がしました。 | 中川 京人 | 2012-03-03 10:38:23

おお、これは、壮大なスケールに(笑)。で、今の幼稚園とかの劇だと、最後に桃太郎と鬼が仲直りしちゃったりすることもあるそうな(笑) | 退会ユーザー | 2012-03-03 07:55:22

この作品に対する情報提供