小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

更新日時:2012-08-16 01:29:14
投稿日時:2011-06-05 03:29:18

登録タグ:  

作者: 追試

カテゴリー :怪奇・ホラー小説
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 2/month 293/total

ブックマーク数:5 users
いい作品!評価数:4 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

鏡に入りたいけれど、私に似た人が、鏡の中から邪魔をしてくる。
http://upppi.com/ug/sc/page/horror_contest.html
<コンテスト応募中>

感想コメント (14)

ゆうさん>読んでいただいてありがとうございます。ゆうさんの短編小説も、めっちゃ気になりましたよ!(笑)またああいうの書いてください | 追試 | 2012-07-06 01:45:44

いいいいいいいい! この後私がどうなっちゃうのか気になるうううううううう! | ゆう | 2012-07-05 21:28:45

大橋零人さん>ありがとうございます。色んな文章のリズムを試していますが、これは割りに上手くいったのかもしれません。面白がっていただけたら嬉しいです。 | 追試 | 2011-06-15 00:19:31

これは堪らなく面白いなあ。巧みな文章によって物語に引き込まれ、自分も出られなくなってしまいました。 | 大橋零人 | 2011-06-14 20:18:18

オオサカタロウさん>ありがとうございます。鏡ってよくよく考えると怖いですよね。鏡の自分の動きを振り切れば中に入れそうな気がしませんか?(笑) | 追試 | 2011-06-06 06:29:35

しばらく鏡を見られなくなりそうです。鏡像が同じ動きをすることをこんなに怖く書けるとは・・・凄いです。 | オオサカタロウ | 2011-06-06 00:45:28

泡辺海太さん>感想ありがとうございます。自分もなんだか象が憎めません。もしかしたら彼も森へ帰りたがってるのかもしれませんね。(笑) | 追試 | 2011-06-05 21:53:17

奇妙で面白かったです。像と象、意図していなかったとしてもうまいですね。でも鏡の中と外、本当はどちらがいいのでしょうね。象は悪い奴じゃないのかもと思いました。 | 管理人 | 2011-06-05 17:04:00

でんでろ3さん>感想をいただいてありがとうございます。象と像の韻にいま気づきました。そう読むとなんだか深い・・・ですね(笑) | 追試 | 2011-06-05 14:27:34

平岩隆さん>ファンだなんて、もったいないお言葉をいただいて。自分なんかが・・・とちょっとフアンになります。駄洒落です。ありがとうございます。 | 追試 | 2011-06-05 14:21:29

1    |    2      次へ≫
この作品に対する情報提供