小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

更新日時:2018-06-25 04:55:03
投稿日時:2018-06-07 04:09:00

紫苑の僕は蓮の華の君を描く 序章「既視感」

作者: 紫陽

カテゴリー :恋愛小説(純愛)
総ページ数:9ページ [未完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 10/month 79/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

大学に進学した「俺」こと前沢成樹は、何となく訪れた学生相談室で奇妙な感覚を覚える。
 知らないはずなのに知っている。
 会ったことがないはずなのに会ったことがある気がする。
 その感覚を覚えたのは、ある女子学生に対してだった。
 間もなく二人は再会する。「俺」はその女子学生が自分と同じ学年の右京千晶だと知る。
 千晶も「俺」を見たときに同じ感覚を覚えたという。
 二人を結びつける奇妙な「既視感(デジャヴ)」は、やがて二人の「生まれた意味」と「宿命」をも紐解いていく。
 これは大学を舞台とした「癒し」の物語。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供