小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
佐野みむろ
佐野みむろ
novelistID. 42051
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-09-30 08:52:46
投稿日時:2017-04-17 19:40:12

おっさん草子

登録タグ: 掌編集 

作者: 佐野みむろ

カテゴリー :掌編小説・ショートショート
総ページ数:90ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:6/day 68/month 2509/total

ブックマーク数:2 users
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

夜におままごとをする〝おっさん〟。
水たまりで水浴びする〝おっさん〟。
可燃ゴミで捨てられる〝おっさん〟。
いろんな〝おっさん〟の話を集めた掌編集。

01『父の思い』http://novelist.jp/84213_p1.html
02『少年になる』http://novelist.jp/84213_p4.html
03『復讐』http://novelist.jp/84213_p7.html
04『水浴び』http://novelist.jp/84213_p10.html
05『病』http://novelist.jp/84213_p13.html
06『修羅場』http://novelist.jp/84213_p16.html
07『公衆親父』http://novelist.jp/84213_p19.html
08『陳情書』http://novelist.jp/84213_p22.html
09『それを見よ』http://novelist.jp/84213_p25.html
10『狩人』http://novelist.jp/84213_p28.html
11『口封じ』http://novelist.jp/84213_p31.html
12『希望と失望』http://novelist.jp/84213_p34.html
13『ニオイを尋ねて』http://novelist.jp/84213_p37.html
14『再燃』http://novelist.jp/84213_p40.html
15『幽霊の血』http://novelist.jp/84213_p43.html
16『ごめん家族』http://novelist.jp/84213_p46.html
17『劣歌』http://novelist.jp/84213_p49.html
18『捨て男』http://novelist.jp/84213_p52.html
19『我が家の侍』http://novelist.jp/84213_p55.html
20『虫』http://novelist.jp/84213_p58.html
21『求道者』http://novelist.jp/84213_p61.html
22『憑き物』http://novelist.jp/84213_p64.html
23『歯抜け』http://novelist.jp/84213_p67.html
24『カセットテープ』http://novelist.jp/84213_p70.html
25『お人形ちゃん』http://novelist.jp/84213_p73.html
26『厄払い』http://novelist.jp/84213_p76.html
27『迷子の親』http://novelist.jp/84213_p79.html
28『横断歩道の番人』http://novelist.jp/84213_p82.html
29『疫病神』http://novelist.jp/84213_p85.html
30『怖いおっさん』http://novelist.jp/84213_p88.html


[2017.06.29]

目次

P1... 父の思い
P4... 少年になる
P7... 復讐
P10... 水浴び
P13... 
P16... 修羅場
P19... 公衆親父
P22... 陳情書
P25... それを見よ
P28... 狩人

1   |   2   |   3      次へ≫      

感想コメント (29)

最後にもうひとつだけ。通して全体に乾いた感じで、突き放してくる印象ですが、『もう少し』と先を覗いてみたい不思議な味わいを感じました。ともあれ連作お疲れ様でした。面白かったです! | 匿名 | 2017-05-11 21:41:08

>『怖いおっさん』〆には良いお話でした。いろんな『後悔』や『おしまい』や、『あきらめ』や『シニカリズム』が色濃い世界でしたが、単なるほろ苦さとも違う・・・『京風コーヒー』のような。 | 匿名 | 2017-05-11 21:38:06

>『外飼いの疫病神』最後の四段落の『たたみかけ』は人によっては許せないかも知れません。でも私は大好きです。伝えにくいのですが、ノワール的というか、アメリカのような乾いた風を感じます。 | 匿名 | 2017-05-11 21:33:45

>『横断歩道の番人』短く切り込んだ思春期の終わりですね。ここでおっさんは完全に狂言回しでありながら、キャッチャー・イン・ザ・ライである気もします。まさかサリンジャーにケンカを売るとは! | 匿名 | 2017-05-11 21:29:08

>『迷子の親』とぼけたトーンながらほのかに黒い味わいがステキです。ここまでの連作から『ちょっと信じた』のは私も同じで、そう運ばれたら本当に苦笑いするしかありません(苦笑 | 匿名 | 2017-05-11 21:25:55

>『厄払い』つまるところ『視点の差違』なのでしょうね。言い訳であってもそうでなくても、ラストの言葉が出てきたのは『年輪の達観』なので、『絶対に分かってもらえない』ことが本当に面倒なパラドックスです。 | 匿名 | 2017-05-11 21:23:49

>『お人形ちゃん』一行目から飛ばしてきましたねえ。でもその後の物語にいわゆる『解』は無く、シュールなラストシーンで閉じてしまいます。総じて達観、でも何か胸に残ります。しぼんだ風船のような何かが。 | 匿名 | 2017-05-05 21:35:24

>『カセットテープ』私小説的な印象を受けました。知らない父の姿は『他人のおっさん』である、と。例え記録された姿が若かろうと『それ』は変わらないのでしょう。ギャップから目を背ける姿がほのかに印象的です。 | 匿名 | 2017-05-05 21:27:42

>『歯抜け』妙にリアルなお話でした。ほんの少しだけ散漫な感じを受けましたが、それも味であるように思います。 | 匿名 | 2017-05-04 20:49:35

>『憑き物』ああ、都市伝説で聞きますねえ。私が知ったのは『君に届け』がきっかけでしたが。並んで、超えて、倣う。おっさんになった少年の『結び』がどこか素敵です。 | 匿名 | 2017-05-02 22:00:50

1    |    2    |    3      次へ≫
この作品に対する情報提供