小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
かなりえずき
かなりえずき
novelistID. 56608
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2015-10-30 06:36:59
投稿日時:2015-10-30 06:35:59

究極リアリティー小説家

登録タグ: サスペンス  事件  小説  小説家  旅館  殺人  警察 

作者: かなりえずき

カテゴリー :サスペンス小説
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 8/month 105/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

究極のフィクションは現実に作用する!


人里離れた旅館で起きた殺人事件。
肝心の刑事はポンコツでまるで推理は進まない。

「どうやら私の出番のようですな」

そこにやってきたのは、
超リアリティー描写がウリの小説家で……!?


↓前回の投稿↓
http://novelist.jp/77836.html

感想コメント (2)

甜茶さんありがとうございます!も、もしかしてオチばれてました!?きゃー(/ω\) 古畑任三郎みたいな犯人わかって推理するのも楽しいですよね、また楽しんでもらえるように頑張って書きますよー!(`・ω・́ | かなりえずき | 2015-10-31 09:04:38

顛末を見据えながらその展開を見守る楽しさ。結果がすべてと読み進める話と一緒に経過を展開して愉しむ話。小説って面白いですね。犯罪を真似してはいけませんけどねww | 甜茶 | 2015-10-30 11:01:38

この作品に対する情報提供