小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
鮎風 遊
鮎風 遊
novelistID. 29298
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2013-08-19 11:33:46
投稿日時:2011-08-15 23:28:04

激しくも生き、されど終焉は … 穏やかに

登録タグ: たか女  スパイ    幕末  彦根      直弼  追っ掛け   

作者: 鮎風 遊

カテゴリー :歴史小説
総ページ数:18ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 5/month 1479/total

ブックマーク数:1 user
いい作品!評価数:5 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

幕末に、激しくも生きた一人の女性がいた。
されど終焉は穏やかに、その生涯を閉じた。
その生き様を一つの記録として、男の視点から書かせてもらいました。

その女性とは、女スパイ・村山たか女。

そして、今の時代に、その足跡を追い掛けた男の結論は?

目次

P1... 女スパイ・村山たか女                            ...

感想コメント (10)

Золотая мышь さん コメント、ありがとうございます。 現代の一人の男の見方を表したかったのと、村山たか女だけとなると、この程度の調査じゃ書けないかと思いまして。 よろしく。 | 鮎風 遊 | 2013-09-14 21:11:28

このお話ですと、単に鮎風さんの視点で村山たかを描くだけでもよいと思えてしまいますが、あえて、語り部役を登場させた狙いは何でしょうか? | 退会ユーザー | 2013-09-14 04:54:39

そらの珊瑚さん  追っ掛けのし過ぎですよね、これ。  このような女性がいたと記憶に留めてもらえれば嬉しいです。  | 鮎風 遊 | 2011-08-21 21:17:14

女がみんなたか女のようだとは思わないけれど、魅力的な人だったのでしょうね。(子供はかわいそうだった)女スパイはそのイメージだけで、なんだか、わくわくしてきます。 | 退会ユーザー | 2011-08-21 20:24:11

すおう るかさん  嬉しいです。 重くなくって。  執筆への力がわきました。 | 鮎風 遊 | 2011-08-17 21:45:34

男の視点・・・、ってきっと女には見ることが出来ないものなのでしょうね。だから、面白いのかも。重いとは思いませんでした。こんな感じの小説、好きです | すおう るか | 2011-08-17 21:22:59

orangeponch さん  一気に読んで頂いて、ありがとうございました。  書き残しておきたい話しの一つです。 | 鮎風 遊 | 2011-08-17 14:17:42

之タイトルに惹かれ、出だしがちょっとコメディータッチでそれに惹かれ一気に読ませていただきました。 | 退会ユーザー | 2011-08-17 08:48:20

泡沫恋歌 さん  ちょっと重い話し、読んで頂き、ありがとうございました。  今度はもう少し軽い話しで。 | 鮎風 遊 | 2011-08-16 23:31:35

何だか高見沢節に最後まで読んだら納得させられたような。村上たか女という方は存じ上げませんでしたが、男が死んでも息子が殺されても強い人ですね。 | 退会ユーザー | 2011-08-16 19:01:37

この作品に対する情報提供