小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
匿名希望
匿名希望
novelistID. 68146
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2020-08-06 13:12:15
投稿日時:2020-07-28 05:11:39

大変です! 僕、逮捕されちゃいました (汗)

作者: 匿名希望

カテゴリー :ノンフィクション
総ページ数:32ページ [執筆中]
公開設定:公開  [R-18]

読者数:0/day 17/month 45/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

第1章は「ソープランドにタダで通いたい人、警察官になりましょう」です。


先日、私は警察から現行犯逮捕され、11日間、監禁されていました。

そして、遠回しな言い方ではありますが、精神異常者として、精神病院に長期間、監禁されたくなければ、警察の不正を「もうこれ以上告発するな!」という脅迫を受けました。

告発するなという脅迫の中核となった真実は、警察とオウム真理教の間には癒着があったという事実です。

この真実を告発するために、本書を書きました。

★【ご注意】★
警察の不正を告発すると、必ず警察の不正を隠蔽するために、告発者を中傷するような書き込みが行われます。
これ、警察官僚がノンキャリアの警官にやらせているのですが、ノンキャリアの警官は、真実を隠蔽する書き込みをすると、ソープランドにタダで行かしてもらえるのです(詳しくは本文で)。
予め予告しておきますが、その証拠に本書には、多くの真実を隠蔽することを目的とした書き込みが行われているでしょう。


また、上の内容とは無関係なようにも、みえますが、第4章では「男にモテるキャバクラ嬢の極意」を書きました。とりわけ、これからキャバクラで働こうと思っている女性や、新人のキャバクラ嬢は、是非ともお読み下さい。



なお本書は、(実話・ソープランドにタダで通う裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意)というタイトルで「小説家になろう」に
(実話/ソープにタダで通う裏技/男にモテるキャバクラ嬢の極意)というタイトルで「アルファポリス」にも掲載させて頂いています。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供