小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 https://2.novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
荏田みつぎ
荏田みつぎ
novelistID. 48090
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2013-12-14 18:34:11
投稿日時:2013-12-11 21:50:47

思い出 ひとつ

登録タグ: 恋か  愛か  迷うて  通り過ぎて 

作者: 荏田みつぎ

カテゴリー :掌編小説・ショートショート
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 1/month 184/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

古くさい思い出に 浸ってるようじゃねぇ・・

感想コメント (4)

音 も 歌 も 人それぞれの 表現で好い。 だから おいらの歌は ほとんど 他人に聞こえない。 | 荏田みつぎ | 2013-12-17 08:24:03

音の世界は、どうも音が耳に入ってこない。だから歌えない、弾けない。まーいいや。全てできるわけではないし。でも、音楽が好きな人が羨ましい。 | 退会ユーザー | 2013-12-15 09:07:13

そうかも・・ | 荏田みつぎ | 2013-12-12 20:41:25

みんなで、浸れば良いじゃない~~スウィングしてさぁ♪ | 退会ユーザー | 2013-12-11 23:51:08

この作品に対する情報提供