小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
夏生由貴
夏生由貴
novelistID. 31020
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

お気に入り作家 (0)

小説コミュニティ (0)

夏生由貴さんの作品(4)

 

プロフィール

作家名 夏生由貴
好きな作家 長野まゆみ、榊原史保美、宮沢賢治、沢木まひろ、新井素子、神林長平、リズ・カーライル、ヘッセ、リルケ、ツェラン、ゲオルゲ、アシモフ、ブラッドベリ、PGウッドハウス、他イギリス&ドイツ文学 
自己紹介 【2019/3/11のお気に入りドイツ詩~vol.92】
 舟人は収穫を了えて 遠い島から
 嬉々として故郷の静かな流れへ戻つてくる
  かちえた悩みほどにも多くの宝を得たのであつたなら
   そのように私も故郷へ帰つていきたい

 嘗て私を育ててくれた なつかしい岸辺よ
 おんみらは愛の悩みを鎮めてくれるだろうか わが若き日の
  森よ おんみらは約束してくれるだろうか わが帰郷の日
  もう一度あの安らぎを与えてくれると

 その昔 その波の戯れを見た 爽やかな小川のほとりに
 その昔 その舟の滑るのを見た 流れのほとりに
  やがて私も立つだろう そのむかし
   私を守つてくれた 愛する山々よ 故郷の

 尊く ゆるぎない国境よ 母の家を
 愛に満ちた同胞の抱擁を
  やがて私は見出すだろう そしておんみらは私を抱く
   繃帯のようにつつんでくれるその抱擁のなかで
    私の心が癒える ようにと。

 おんみらの渝りない誠の人たちよ だが 私は知つているのだ
 愛の悩みはそのように早く癒りはしないと
  人の歌う慰めのどのような子守歌も
   この悩みを私の胸から払いのけはしない

 なぜなら われらに天の火を与えた神々
 その彼等はまた聖なる悩みをわれらに与えたのだ
  だからそれは消えずにいるがいい 地の子の私は
   おそらく生まれてきたのだろう 愛して そして
    悩むようにと
       ヘルダーリン『故郷』(氏富士川英郎氏訳)

好きな分野: 学園もの、SF、ブロマンス
好きな画家: きたのじゅんこ、松本潮里、山本タカト、
       ワッツ、ブーグロー、マグリット、グリムショー
好きな音楽: クラシック、ハウス、テクノ、トランス、エレクトロ

 
Yahoo!ブックマークに登録

コメント(105)

初めまして。とても今更ですが、ブックマークをしていただいたようでとても嬉しかったです。ありがとうございます。 | 海山遊歩 | 2013-10-29 16:10:30

お久しぶりです。お元気ですか?お勧めの国語辞典があったら教えてください。やはり時点は手元に必要なようですね。 | 朝霧 玖美 | 2013-07-28 09:12:35

初めまして。もっと早くに言うべきでしたが、ブックマークして頂き有り難うございました!正直、題材が特異なので受けないと思ってたんですが…、やはり夏生さんもクラオタですか? 今後ともよろしくお願いします♪ | T-03 | 2013-01-02 17:07:59

こんにちは。お元気ですか?あっというまに師走です。最近は書けません。orz。書きたいのに書けないのはつらいかなぁ。という感じです。 | 朝霧 玖美 | 2012-12-10 15:51:04

は、初めましてっ、リーヤといいますっ!ゆるゆるっと読ませてもらいますねー | リーヤ | 2012-10-28 20:10:20

はじめまして。ブックマークありがとうございます。今後も創造力豊かにして小説を書きたいと思います。 | ぽめ | 2012-04-07 04:00:48

「二者択一」ブクマありがとうございます。 いくつか拝見させていただきました。表現力と語彙力にただただ驚きです! | 螺旋 | 2012-04-01 20:22:48

はじめまして! 『昼休みの~』にコメント&ブクマ嬉しいです! ああいう時代はかけがえのないものですよね、ありがとうございます♪ | 狂言巡 | 2012-01-09 17:02:49

こちらこそお知り合いになれてよかったです。あのへんの話が出来る人がなかなかいなくて・・・。また来年もお話ししましょう^^ | 朝霧 玖美 | 2011-12-31 14:34:44

こちらこそ。 良いお年を。 | 鮎風 遊 | 2011-12-31 11:46:55

1    |    2    |    3    |    4    |    5    |    6    |    7      次へ≫      [11]