小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
宮崎純嘉
宮崎純嘉
novelistID. 67097
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2019-08-14 14:29:46
投稿日時:2019-08-13 07:29:42

天空の庭はいつも晴れている 第3章 雨季の兆し

登録タグ: 友情  孤児    感動    異世界  親子 

作者: 宮崎純嘉

カテゴリー :異世界ファンタジー小説
総ページ数:5ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 2/month 40/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

アビュー家での生活になじめないルシャデールは、ふとしたことから養父に実子がいることを知ってしまう。

感想コメント (4)

>ヒロアキ様 柳は枝ざしで増やすことができます。成長が早く、根がしっかり張って土を固めるため、かつては護岸に植えられていたそうです。 | 宮崎純嘉 | 2019-11-16 07:03:50

>ヒロアキ様 連投でのコメントありがとうございます。読んだ方からコメントをいただけるのは本当にうれしいです。何度でもどうぞ。 | 宮崎純嘉 | 2019-11-16 06:10:09

連投ですみません。なんだか世界名作劇場を見ているような印象です。ところで、柳の木は枝からまた根が張るというの本当なんですか?初めて知りました。 | ヒロアキ | 2019-11-15 23:32:29

物語中盤で感想を述べようと思ったのですが。ルシャデールとアニス。二人の純真だけど、重ならない影といいますか、小さな運命が織物のように織り込まれていきそうで、目が離せない展開です。 | ヒロアキ | 2019-11-15 23:28:24

この作品に対する情報提供