小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
平岩隆
平岩隆
novelistID. 11848
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2018-03-12 20:17:13
投稿日時:2018-03-12 20:17:13

切り通しの坂

登録タグ: レンズ    新天地2801   

作者: 平岩隆

カテゴリー :怪奇・ホラー小説
総ページ数:2ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 6/month 89/total

ブックマーク数:1 user
いい作品!評価数:5 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

江ノ電沿線を散歩していた時に見た風景に思いを馳せながら。
新天地さんの2018年1月のお題になにかを感じたのであります。
欅さんの出された「情」「箱」「レンズ」・・・あぁなにか書きたい!と思いながら激務に追われ
しかしようやく落ちつきかけた頃、ようやくキーボードを叩くことが出来ました。
いまではギャグにも使われる貞子のリングもクラシックになったこの時代に。
なぜだかわからない。なにもしてはいない。なのに呪われる_。
鉄板な“掟”である「因果応報」を軽々と超越した<坊主憎けりゃ袈裟まで憎い>的な
博愛主義ならぬ博呪主義というのは、話のネタとしてはいかがなもんだろか。
ま、試しに書いてみよ!的なあんまりに軽いノリで久々に書いてみたわけなんですが。
あのリングを裏返したような出来映えになってしまいましたw
今回も読み手を不安にさせる出来(毎度ながら_orz)ではありますが、更に不安にさせる要素として
一人称なのか三人称なのか、よくわからない書き方をしています。
昔はこれを逆手に取ったモノもササっと書いていたんですが、なにせ久しぶりなもので
いろいろと考えたうえで、読み手が不安になるような書き方・・・って辺りを試してみたのでありました。
さて、そんな小技が効いていくのか、それとも空中分解してしまうのか、みたいなハラハラドキドキ感を
楽しめる好事家の方向けの掌編でありますw

感想コメント (4)

のしろ雅子さま ありがとうございます!実際にはおどろおどろしい所ではないのですがねw微妙に怖くしてしまいましたw | 平岩隆 | 2018-09-24 08:34:23

以前北鎌倉に住んでいて七つの切通しは興味深かったです確かに謎の交通事故の話は聞きました懐かしく拝見しました | のしろ雅子 | 2018-09-16 08:43:18

iguさま あざーす!あんど おひさー!!お題に沿って書いてみたらこんなんになりましたw古典主義なのでど真ん中直球しか投げられましぇーん_orz | 平岩隆 | 2018-03-14 08:46:43

ナンマンダ~ナンマンダ~(°∀°)平岩隆さんワールドにマッシグラに引き込まれました。ワクワクドキドキの展開は期待を裏切らない、ど真ん中を突き抜けてゆきました♪面白かったです♪ | igu | 2018-03-13 13:08:12

この作品に対する情報提供