小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|6ページ/55ページ|

次のページ前のページ
 

 船長は、この補給基地に新しいラボの施設と、作業用の重機類、そして二体のアンドロイドを置いて行ってくれた。その内のサーバントモデル(科学者型)一体を、私のバディとして起動させた。
「私の役割の概要を述べてください。」
そのアンドロイドは、無表情で話した。
「名前は何と言うの?」
「名前はありません。マニュファクチャー番号は、SS3200560W00159Kです。」
「アリゾナで製造されたのね。」
その番号を聞いただけで、彼の製造工場がわかった。懐かしい私の出身地だ。
「W-159K、この星の開拓を手伝ってちょうだい。もっと人の住みやすい星にしたいの。」
「解りました。」
彼は笑顔で答えた。久しぶり、私が想像していた人間の笑顔だ。

 W-159Kは、完璧に人間に似せて造られている。体は人間と同じタンパク質ベースの素材で、髪や髭も伸びる。私と一緒に食事をして、排泄も可能。

「あなたにも名前は無いのですか?」
W-159Kは、猫の頭をなでながら、私に聞いた。