小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|4ページ/28ページ|

次のページ前のページ
 

第2話 名前



名前。
気にしたことが無い。
私の船の名前さえ、考えたことも無い。

なぜなんだろう。人には名前が必ずあるのに、どうして私に名前が無いの?
私が人間では無いから?
そう。私は人では無い。

W-159Kは、自分がアンドロイドであるということを自覚しているのに、私は自分が何者であるのか、疑問に思ったことなんて無かった。それはずっと、一人だったから?

「この猫には、名前がありますか?」
「名前は付けていないの。」
「どうしてですか?」
「必要だと思わなかったから。」
「では、この猫の存在価値は何ですか?」
「存在価値?」
「置物ですか?」
「置物?」
「部屋を飾るための置物には、名前が要りません。」
「そうじゃないわ。友達よ。」
「では、名前が必要です。」
「・・・。そうね。考えておくわ。」

私の存在価値とは、何なんだろう。


立ち寄った新型船から、新しい設備が導入出来て、W-159Kがいることで、開拓も飛躍的に進めることが出来そう。
農場の動物のために、サンルームを作りたい。私が欲しいのはガラス。
その為、以前から使っていた作業室を拡張して、工場を建設する必要がある。大掛かりな作業にも新しい重機が役に立ってくれる。

この星の体積や質量は地球より小さい。つまり重力は10%ほども弱い。
そのせいで、農場に植えたリンゴの木は、高く伸びて、20メートルある天井にぶつかりそうなの。
天井を取っ払って、外に出してもこの木は育つだろうか。
理論的には問題ないはずよ。外気には植物に必要な炭酸ガスが豊富に含まれるのだから。
でも以前、花を外に植えてみたらすぐに枯れてしまった。気圧が低く、乾燥が激しいみたい。

W-159Kが、ある提案をしてくれた。
「ラボのホログラム・チャンバーを利用して、この星の環境での植物の生育を、シミュレーションしてはどうでしょう。」
「ホロチャンバーがあるの?」
それは昔、私が太陽系を旅立つ前に、宇宙の苛酷な環境を再現して訓練していた、3Dバーチャル空間のようなもの。今は実際に触ったり、食べたりも出来る超現実空間として、船の内部に搭載されているらしい。