小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|21ページ/28ページ|

次のページ前のページ
 

第9話 子守唄



「アッシュ、どうして、男の子を起こすの?」
「この子守唄を、止めようと思ったのです。」
「そんな必要ないわ。」
「すみません。もう起こしてしまいました。」

私は男の子に駆け寄った。
「大丈夫よ。助けに来たの。安心して。この船は安全だから。」
「あなたは誰? 知らないアンドロイドだ。」
「私はエル。一度会ったことがあるのよ。あなたお名前は?」
「僕は『Cue(キュウ)』って呼ばれてる。」
「何歳なの?」
「生まれてから、6年と3ヶ月12日、2時間18分45秒。」
「すぐには、動けないから、ゆっくりしていてね。」
「エルは、やさしいね。感情があるの?」
「ええ。そうよ。」
私はキュウが持っていた装置、おそらく玩具のスイッチを切って、音楽を止めた。
「この子はタック。かわいいでしょ。」
「すごい! 動物だ。はじめて見たよ。」
「かわいがってあげてね。」
私はタックを、キャスケットに横たわるキュウのお腹に載せてあげた。

コクピットに戻ったアッシュと私は、残された作業を再開するため、システムの最終チェックをはじめた。
ジェイの取り付けた起爆剤を爆破して、持ち帰る難破船の格納庫モジュールを分離させる作業よ。一歩間違えば、事故につながる危険な作業。最近はホロプログラムでシミュレーションばかりやってきたけど、難破船のホロチャンバーは壊れていて、役に立たなかったのが残念ね。
念入りな計算の元、ついに起爆剤に点火する時が来たわ。

反動でモジュールが船にぶつかって来るのを防ぐため、本船はメインスラスターを噴射して、ゆっくりと移動を開始する。トラクターウィンチのワイヤーがぴんと張っても、難破船が重すぎて、船はほとんど前に進まない。これは計算どおり。そこで起爆剤のスイッチを入れようとしたけど、エラーが出てONできないの。

「どうしたんだ。ジェイの奴、細工をしやがったのか?」
「細工なんかするはずがないわ。そうするぐらいなら、あんなにあっさりと機能停止されないはずよ。」
「なら、なぜ起爆しないのでしょう。システムはオンラインで問題ないはずです。起爆剤が壊れているのか?」
「アッシュ、外へ出て確認してくれる?」
「・・・解かりました。」

アッシュが宇宙服を着て、準備をし始めた。私は何か気になることがあったけど、それが何かよくわからなかった。何か見落としている気がする。