小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|16ページ/56ページ|

次のページ前のページ
 

ケイは拳を握り締めている。
「落ち着いて、ケイ。」
「私は落ち着いています。」
「焦っているように見えるわ。」
「焦りなど感じる機能はありません。」
「でも、そう見えるの。」
「では、落ち着いて考えましょう。」
「タックを抱いてあげて。そうすれば落ち着けるから。」
 ケイはタックを抱き上げて、作業机に腰掛けた。
「猫には、お守りのような機能があるのですね。」
「お守りですって? 昔の十字架のようなこと?」
「はい。抱いているだけで、状況は変わらないのに、安心できる。」
「その感情を大切にしてね。ケイ。」
「これが感情なのか。」

 二人で対策について、話し合った。5日間議論したけど、結論は出なかった。
 やはり、危険を冒すしかないのだろうか。ホロチャンバーは、万能なのかと過信していたわ。何でもこれでシミュレーションすれば、うまくいくと思っていた。
 私はふと、ホロプログラムで気分転換をしようと思い立った。
「ケイ。ホロチャンバーで、遊びましょう。」
「エル。いい考えですが、それは無理です。このチャンバーは実験用ですから、娯楽プログラムはインストールされていません。」
「でも、地球を再現できるわよね。現在の地球に行ってみたいわ。太陽の下で、タックを遊ばせてやりたい。」
「プログラムは30年前の地球ですが、再現するだけなら出来ます。地球丸ごとは無理なので、行動範囲は限られますが。」