小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

L K 「SOSの子守唄」

INDEX|11ページ/55ページ|

次のページ前のページ
 

 その後、二人で話し合って決めたのは猫の名前。とても難しかったわ。なかなか意見が一致しないのだもの。
 結局、32時間を費やして、私たちが納得した名前は、『タック』。CATを逆さから読んだだけ。提案したのはケイだけど、そのアイデアに私は笑ってしまった。

 ケイは論理的に動く。タックの自由奔放な行動を、計算しようといつも観察している。ケイの話だと、私の行動の半分は予測不可能。それは人間の行動にとても似ているらしい。どうして私には、人間性がプログラムされていたのか。それは、ケイにも分らない。遥か彼方の知的生命体に、人間というものを理解させるために、身代わりとして私が必要だったというの? 危険なミッションにアンドロイドを送るというのは理解できる。とすれば、私は使い捨てだったのね。

 一人で船に乗っていた時は、感情と言ってもマイナスのことしか感じていなかった気がする。それは与えられた任務をこなすだけの日々だったから。新型船で来たクルーたちも、仕事をこなす毎日で、感情が希薄になりつつあったのね。
 でも私は、この星に来て、希望や楽しみを知った。自分の意思で何かをするということは、とても意味のあることなんじゃないかしら。