小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

あなたが残した愛の音。

INDEX|16ページ/20ページ|

次のページ前のページ
 

第8章 ひとみの部屋



・・・・・・・・・・
 ジャージ姿の博之は、大きなスポーツバッグを担いで、ひとみ先生と並んで歩いた。アパートに着くまでの間は、普段どおりの会話だった。
「アパートじゃピアノが置けないから、音楽室で練習するしかないのよ。」
「俺が練習の邪魔してる?」
「ううん。もうコンクールとか出る気はないから、大丈夫よ。」
「最近、俺も家で練習したくなる時があるよ。」
「ちょっと、うまくなってきたものね。」
「何か一曲、一人で完璧に弾けるようになりたいな。」
「ショパンの『別れの曲』なんかステキよ。」
「その曲、全然知らない。」
「えぇ? そうなの? 心に残る、『愛の音』って感じよ。」

 3階建てのアパートの2階に、ひとみ先生の部屋があった。非常勤で博之の中学に来ている間だけ、借りているそうだ。

 博之は部屋に入ると、少し緊張した。女の人の匂い。カーテンが引かれた薄暗い部屋の中に、洗濯物が干されていて、下着も見えた。ひとみ先生は、急いで洗濯物を取り込み、窓を開けた。そして、キッチンのテーブルの上を片付けて、博之に座るように促した。

「この部屋に、男子が来たの初めてよ。」
「一番乗り! 俺も女の人の部屋、初めて。フーン。こんな部屋に住んでるんだ。」
「紅茶淹れるね。」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「この曲、『別れの曲』です。」
「ええ、母の好きな曲です。」
 その時、カフェに流れるその曲がちょうど、ショパンの練習曲作品10第3番ホ長調『別れの曲』だった。

「この曲も10の3(ヒトゥ・ミ)だなんて。フフフ、結局一人で弾けるようには、ならなかったんですけど。」
「練習は続けなかったのですか?」
「あの冬に先生は転勤で引越しされて、二度とお会いできませんでしたし、ピアノを持ってなかったですからね。高校の時に友達のシンセサイザーでちょっと練習してみたけど、それっきりです。」