小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

あなたが残した愛の音。

INDEX|10ページ/20ページ|

次のページ前のページ
 

5 マイボール



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏休みの途中で、夏季大会のゲームに敗退し、3年生が引退した。その後、博之はキャプテンに指名され、チームを率いることになった。そしてユニフォームを新調し、キャプテンナンバーの『4』を着けることになったのだった。

2学期の初め、レギュラーメンバーの5人には、新しい革ボールが1個ずつ支給される。そこに自分の背番号を、マジックで記入するのだが、博之にはある計画があった。

「先生、ボールに番号を書いてください。」
「え? どうして私が書くの?」
「先生に書いてもらわないと、意味が無いから。」
「おまじないか何かなの?」
「そんな感じです。」
博之は、新品のボールと極太マジックを手渡した。
「じゃ、“4”番て書けばいいのかな?」

「“163”です。」
「え?」
「1(ヒ)・6(ロ)・3(ミ)です。」
「わたし?」

宏美先生は驚きながらも、嬉しそうに笑った。それから毎日、博之はそのボールで練習するのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「その時のボール、今でも大切に持っています。」
「今でもですか?」
「はい。僕が引退する時に、代わりのボールを寄付して、“163”(ヒロミ)ボールを貰っておいたんです。」

「でも、それだけ仲良くされていたんだったら、周囲から変に思われなかったですか?」
「うん。確かに。」