小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

映画 戦国生徒会

INDEX|9ページ/65ページ|

次のページ前のページ
 

第5章: 一致団結



蒸し暑くなり始めた6月の中ごろ、この日の体育の授業は、走り高跳びである。
博之は体操部ということもあり、運動は得意だ。今までの高跳びの記録は、175cmだった。その高さをクリアしたのは、学校でも、たった3人だけだ。
博之は、次に自分の身長と同じ高さ、178cmにバーを上げ、新記録に挑戦した。

「惜しい!」
「もうちょっとだぞ。」
「タイミングがずれた!」
「きっと跳べるぞ。キッド!」
クラスの期待を一身に受け、2度挑戦したが、クリア出来なかった。これでこの日の課題は終了したのだが、授業が終わるまで挑戦しても良いということになり、博之やその他数名がこの高さに挑戦した。
しかし、何度やっても限界ぎりぎりのこの高さは、クリア出来ない。
ついに終業のチャイムが鳴り、器具の片付けが始まったが、博之含め3人ほどは諦めきれずに、休み時間まで挑戦を続けていた。

次の体育の準備にぞろぞろとよそのクラスの生徒もやって来て、みんなが見守る中、残りのタイムリミットに焦りながら、博之は順番を待った。
そこへ千鶴もやって来た。博之はそれに気が付いて、一瞬で気分が変わった。
『今、行ける。』そう思った。

大きくストライドを取って、初めて挑戦する時のようなリラックス感で、踏み切れた。
博之の体は背面で高く弧を描いて、いつもこすっていたふくらはぎは、すべるようにバーをすり抜けた。
博之は3回胴上げされて、地面に落とされた。
この日の記録は校内でちょっとした話題になっていて、その後暫く博之は「鳥人」というあだ名になった。

「高跳びすごかったね。」
放課後、千鶴が初めて博之に話しかけてきた。
「え? 見てたの?」
白々しかったが、照れ隠し。撮影以外のことで話をするのも初めてだ。
この日から博之は少しリラックスして、千鶴と話出来るようになった。

作品名:映画 戦国生徒会 作家名:亨利(ヘンリー)