小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

映画 戦国生徒会

INDEX|17ページ/65ページ|

次のページ前のページ
 

第9章: 後悔と反省



美術室前の廊下に取り残された香織は、涙を我慢しきれずに壁の方を向いたまま、肩を上下に震わせていた。クラスメートが三人駆け寄って、
「カオ! しっかりして!」
「あっち行こう。」
取り囲むようにその場から連れ去り、校舎の外に連れ出した。

廊下の様子がおかしいと気付いて様子を見に、生活実習室から出てきた生徒の中に津田がいた。
その様子を目撃して、
「どうしたの、何があったの?」
その場にいた野次馬から、ことの成り行きを聞いて驚いた。

外に出た香織たちは、そのまま自分たちの教室へ戻って行った。
「うええーん。」
「木田君ヒドイよね。」
「そうよ。置き去りにするなんて。」
教室までの道すがら、泣いて抱えられるように歩く女子を、多くの生徒が目撃していた。
始業のチャイムが鳴ったが、生活実習の授業は受けられる状況じゃない。

誰もいないホームルームに着くと、椅子に座らせ、
「カオ。取り合えず落ち着こうか。」
三人は香織の手を握って、深呼吸するように促した。
「私、わたし、わあああーん。」っっつ(涙)
暫く泣き止む気配がなかったので、一人が飲み物を買いに行った。
香織は嗚咽をこらえて、必死に泣き止もうとしたが、自分の愚かな一言が取り返しのつかないことになってしまい、涙を止めることができない。

お茶を買ってきた一人が戻る頃には、声を上げることはなくなっていたが、手で顔をこすって化粧はメチャクチャになっていた。
三人はティッシュで涙を拭って、目尻に滲んだアイラインを拭き取ってやった。
ペットボトルからお茶を少し飲むと、呼吸を整えることが出来て、少し落ち着きを取り戻せた。
「もう、大丈夫?」
「ぅ、・・・うん。」
香織は、しゃっくりをしながら頷いたが、誰も次に言葉を掛けることは出来ないようだ。

作品名:映画 戦国生徒会 作家名:亨利(ヘンリー)