小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
亨利(ヘンリー)
亨利(ヘンリー)
novelistID. 60014
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

聞く子の約束

INDEX|12ページ/51ページ|

次のページ前のページ
 

第5章 大人とのデート



 異人館のある街。女子はこんな場所に行くと、
『とても喜ぶ。』
・・・と思っていた。僕にとってそこは、高3の時にグループデートをして告白し、ずっと好きだった女子と付き合うことになった思い出の場所だ。

 冬が近付いた頃、キクちゃんと異人館観光に行くことになった。
 はじめは車の話から、その街のドライブウェイに行ったことが、あるとかないとか。そんな会話をして、
「車で走ってみたいなぁ。」
ぐらいで話していると、
「あの街は、いい所いっぱいあるからね。」
というふうに話が進展して、僕は、
「休みの日に、異人館とか行きませんか?」
と、彼女に気に入られている自信があったので、思い切ってデート気分で誘ってみた。
 そうして、スケジュールを念入りに考えた記憶がある。

 一番安く付くのは、私鉄でゆっくり行くのがいいが、
『相手は良家のお嬢様、自分の車を使うのがいいかな。』
と思っていたが、キクちゃんは、ドライブウェイはそっちのけで、
「新幹線で行こう。」
と言った。まさか2〜30分の距離に新幹線とは思いもせず、この感覚に付いていけていなかった。

 新幹線の切符はキクちゃんが買ってくれた。レストランは僕がガイドブックで、ロシア料理店を探しておいたが、その代金も払ってくれた。とても嬉しいことだが、キクちゃんと一緒にいると、ほとんどいつも彼女に払って貰っている。
『こんなことでいいのかな?』
と思いつつも、払わせてくれないので仕方ない。
 でもその代償に、その日は僕が想像していたデートのようなものではなく、まるでキクちゃんのお供で、キクちゃんの気分で散策したり、ベンチに座ったり、キクちゃんの目に付いたショップで買い物をして、その先の予定を組み直すのは、結構大変だと思った。

作品名:聞く子の約束 作家名:亨利(ヘンリー)