小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
渡邉めぐみ
渡邉めぐみ
novelistID. 54639
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2016-04-10 17:50:32
投稿日時:2015-12-28 06:53:25

切れない鋏 4.武の章 追悼本番

作者: 渡邉めぐみ

カテゴリー :現代小説
総ページ数:6ページ [未完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 5/month 243/total

ブックマーク数:1 user
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

追悼セッションの朝は毎年のように雪が降る。
慎一郎の命日でもあるその日の朝、ひとりで『ブラックバード』にむかった武は、紗弥から結婚祝を受け取る。
綿谷から「プロ第一号になってほしかった」と言われるものの、その夢はかなわない現実となってしまった。

追悼セッションには、綿谷の他、慎一郎のことをよく知る中学高校時代の仲間が参加。
『モーニン』も実現するが、信洋はかたくなに参加しようとしない。
セッション中盤、『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』をやろうとしていたそのとき、紗弥が事故にあったという連絡を受ける。

 
大切にしたいものをこの腕に抱えきれないなら、
せめて平凡な幸せをつかんでほしい。

ただそう祈るだけなのに、
どうして受け入れがたい現実ばかり襲ってくるのか――

*****

全7章の長編小説です。

1.小雪の章 積雪
2.愛美の章 巻時計
3.信洋の章 残骸
4.武の章  追悼本番
5.武の章  不協和音
6.小雪の章 古小箱
7.小雪の章 花吹雪

*****

作中に登場する楽曲です。
(括弧内は参考にしたプレイヤー名および音源です)

『I remember Clifford Brown』(Roy Hargrove)
『Watermelon Man』(Herbie Hancock)
『Moanin'』(Art Blakey's Jazz Messengers)

目次

P1... 4.武の章 追悼本番

感想コメント (4)

伊達さま>フリューゲルと言えばアルトゥーロ・サンドバルくらいしか知らなかったのですが、ロイ・ハーグローブもかっこいいですね!ピアノで始まらないモーニン…また演奏探してみます! | 渡邉めぐみ | 2015-12-29 17:30:48

夏芽さま>武に感情移入していただけるとは、本当に嬉しいです!私自身ももだえながら書いた甲斐がありました!この歳になってようやく人が持つ多面性の意味を理解できるようになった気がします。 | 渡邉めぐみ | 2015-12-29 17:28:53

今回もいい内容でした。参考楽曲のRoy Hargroveって知りませんでした。なるほど、フリューゲルホーンの柔らかい音。モーニンのピアノ無しの出だしは何の楽器だろうなあの興味あります(^_^) | 伊達梁川 | 2015-12-28 16:55:34

自分の気持ちを殺して生きることは辛いですね。武さんの切なさに、わたしまで少し苦しくなりました。すっかり感情移入してしまいました。 | 退会ユーザー | 2015-12-28 11:44:50

この作品に対する情報提供