小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
東 めぐみ
東 めぐみ
novelistID. 36772
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2014-05-15 18:14:50
投稿日時:2014-05-15 18:14:50

後宮艶夜*ロマンス~皇帝と貴妃~【前編】

作者: 東 めぐみ

カテゴリー :異時代ファンタジー小説
総ページ数:12ページ [未完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 19/month 1351/total

ブックマーク数:4 users
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

~古代中国をモデルにした操国(そうこく)で繰り広げられる皇帝の貴妃の物語~

【表紙イラスト・綾部史子氏よりお借りしました。
  リンク先・http://little.halfmoon.jp/
 http://www.pixiv.net/ 】

郁芳華(いく・ほうか)は16歳。
父の郁文昭(ぶんしょう)は歴史ある操国の宰相という地位にある。
生まれたときから、宰相の一人娘として将来は皇后になるのだと
大切に育てられてきた。

親に決められた相手と結婚し、決められた道を歩む。
そんな人生が芳華はいやでたまらない。
わがままを言って、皇太子の正式な婚約者でありながら、宮中入りを
先延ばしにしていた。
だが、ついに父文昭が業を煮やし、芳華を入内させてしまう。
既に先帝は崩御し、婚約者である皇太子が新皇帝となって五年、
二十歳の若い皇帝は宰相の言うなりにはならず、
古くからの重臣を立てながらも、有能な若い人材を次々に登用し、
皇帝親政に意欲的だ。

芳華が皇帝を嫌うように、皇帝の方でも新しく貴妃となった彼女を
敬遠している様子。何と花婿は婚礼ばかりか、初夜にも姿を見せなかった。
このまま後宮で空しく老いていくのはいやだと
とうとう後宮を飛び出した芳華。

自分で考え、広い世の中を見て、自分の足で生きていきたい。
そして、親の決めた男ではなく、自分が心から愛した男とめぐりあい
結ばれたい。
そんな願いを持つ少女は果たして、その願いを叶えることができるのか?

  
=

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供