小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
立夏ましろ
立夏ましろ
novelistID. 29230
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2018-04-02 05:41:15
投稿日時:2013-09-05 12:52:26

今度は母の介護

登録タグ: デーサービス  介護  介護施設  医者        認知 

作者: 立夏ましろ

カテゴリー :随筆・エッセイ
総ページ数:27ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:0/day 11/month 508/total

ブックマーク数:1 user
いい作品!評価数:1 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

父が亡くなり残された母の介護をすることになりました。
人間が亡くなる時は病気か認知になり枯れるように亡くなって行く。
どちらかです。
だんだんと記憶が亡くなり枯れるように亡くなっていくとは悲しいものです。
それでも自殺でもしない限り死ねない。
死ぬって大変ですね。
それを見ていて振り回されているものもこれまた苛酷な人生です。

しかし、子供である以上そんな親を見なくればならない。私はやはり親を捨てられない。(何度も父と争うとこんな親の面倒は見たくないと思った。勝手に死んでよ。とも思う。しかしやはり面倒を見てしまった。
今度は母です。運命には逆らえない。こちらも苛酷な人生です)

感想コメント (1)

大変だねえ。お疲れ様。それを出来る身体の自分に感謝だね。 | 伊達梁川 | 2014-06-07 19:47:46

この作品に対する情報提供