小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

風のごとく駆け抜けて

INDEX|51ページ/283ページ|

次のページ前のページ
 

盛り上がれ文化祭!!


DVDを見た次の日、私達は家庭科調理室にいた。

文化祭の模擬店で出す料理は、顧問と家庭科の先生に試食してもらい承諾を得ないと、当日出展出来ない決まりになっている。

ちなみに駅伝部はお好み焼きを作ることになっていた。

わりと誰でも出来るし、多くのお客さんに売るためには、大量に作れる物の方が良いだろうと言う理由からだ。

小、中の調理実習で見て来たが、晴美の料理の腕は当時と変わらずかなりの物だった。

手早く野菜を切り、てきぱきと小麦粉を混ぜ、油を引き、生地を薄く延ばして野菜や肉を盛り、パッとひっくり返し、あっと言う間に完成。

ちなみに、隣が広島県と言うこともあり、広島風で作っている。

さらには、葵先輩も晴美に負け時劣らず、上手かった。
「両親が忙しいから、よく料理はするからね」と、私達に説明しながら、いとも簡単に生地をひっくり返す。

私と久美子先輩、紗耶はどんぐりの背比べ。

晴美と葵先輩に比べるとあきらかに手際が悪かった。
でも、味の方は問題ない。

問題は麻子だ。

まったく料理が出来ない……。
だったら、どれだけ良かったか。

麻子は晴美とほぼ同じくらいの速さで野菜を切り、まったく無駄の無い動きで、晴美以上に綺麗なお好み焼きを焼いてみせた。

これには私達も驚く。
せっかくなので試食をすると……、なぜかとんでも無くまずかった。

そもそも、どうやったらまずいお好み焼きを作れるのだろうか。

変な物を隠し味に入れたのならいざ知らず、調味料などもみんなと同じ物を使っている。

しかも見る限り、麻子と私達で調味料の分量があきらかに違う感じもしなかった。

「麻子、ちょっとこの野菜と肉で野菜炒めを作ってくれないかな」
晴美が残っていた野菜と豚肉を麻子に渡す。

麻子は「それくらい簡単よ」と言い、やはり手慣れた感じで野菜炒めを作る。
それを試食すると、やはりまずい。

「これは……原因がわからないかな」
晴美が野菜炒めを食べ、首を捻る。結局、葵先輩の判断で麻子は売り子専門にされてしまった。

「あと聖香も売り子ね」
葵先輩の一言に私は首を捻る。

なんで私が? 理由がまったく分からない。

「模擬店を出す部活で女子部員がいるところは、1名出すことが決まりなのよね。大丈夫、聖香なら良い線いくと思うわ」

葵先輩は自分のカバンからA4の紙を一枚取り出し、机の上に置く。
その紙を覗き込んだ私は思わず声を上げてしまう。

「ミス桂水開催のお知らせ?」
「そう。けいすい祭初日のメインイベントね。これに出てもらうから、聖香は売り子専門ってことで。その方が途中抜けやすいでしょ」

いやいや、まずはなんで部員の中で私が選ばれたか説明して欲しいのだが。
もちろん、この後具体的な説明もみんなからの反対も無く、私がミスコンに出るのは決定事項となってしまった。

ふと高校名は「かつらみず」なのに、なぜか文化祭は「けいすい」だと言うことを思い出す。

「そうそう。水着審査もあるから、スクール水着も持って来てね。あ、売り子も水着でやって良いから」

葵先輩の一言は、私が考えていたことを一瞬んで消し去るくらいに衝撃だった。

冗談だろうと思いプリントを見ると、本当に「要:スクール水着」と書かれており愕然とする。

うちの学校、なんでこう言うことにはのりのりなんだろうか。