小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

風のごとく駆け抜けて

INDEX|1ページ/283ページ|

次のページ
 

走れない私と女子駅伝部(仮)


幼馴染の佐々木晴美は真新しい制服に身を包み、4月の陽気にも負けない明るい笑顔で待ち合わせ場所にやって来た。

その笑顔を見るだけで、今日から始まる高校生活に大きな希望を抱いているのが分かる。

「やっぱりブレザーって言うのが良いかな。聖香も似合ってるよ」
喋り終わると同時に、晴美が自転車を漕ぎだす。
慌てて私もペダルを踏み、後ろを付いて行く。

それと同時に、私達の背中を押すように暖かい春風が吹いて来た。

学校に向かいながらも「どんなクラスメイトがいるのだろう」「どんな行事があるのだろうか」と、期待感を抑えきれないと言ったふうに、晴美はしゃべり続けていた。

きっとこれが、今日から高校生活をスタートさせる一般的な生徒の姿なのだろう。
私のように初日から夢も希望も無い人間の方が珍しいはずだ。

そのせいだろか。
果てしなく続く青空もどこかくすんで見える。

「部活も一応美術部にしようと思って……」
晴美は「しまった……」と言うな顔をして言葉を濁す。

「別に私は気にしてないから。晴美は好きな部活に入りなよ」
気まずそうにしている親友に笑顔で言葉をかけながらも、自分の心が曇って行くのをはっきりと感じる。
 
中学3年間、私は陸上部で長距離をやっていた。
特に3年生の時はトラックでその年の県中学ランキング1位で優勝し、駅伝では県大会のエース区間で区間賞を取るまでの走力を付けた。

もちろん高校に入ってからも走り続けるつもりでいたし、走り続けるなら『県内で一番強い城華大付属高校で』と夢を持っていた。

実際に城華大付属高校から推薦が来て、中学校に来られた監督さんとも話しをした。

「高校に入学したら部活はするな。勉強に集中しろ」
父にそう言われたのは、そのことを報告した日のことだった。
自分の立っている世界が、一瞬で足元から崩壊した。

何度も父と話し合った。
いや、あれは話し合いと言えるものでは無かったのかもしれない。

私が「高校でも走りたい」と一言言えば、「将来が」「今しっかり勉強しておかなければ」「学歴を持たないと」と一種の決まり文句のような言葉が何倍にもなって返って来る。

その会話のたびに父は段々とヒートアップし、最後には怒鳴るような物言いで私を押さえ付け、自分の意見を正当化する。

何度もそれを繰り返し、最後には私自身、疲れ果ててしまった。

推薦の話が来たのが中3の12月上旬。
年が変わる頃には父と話し合う気力すら消滅していた。

その結果入学したのが、今こうして晴美と向かっている桂水高校だ。

この高校を選んだのには三つの理由があった。

一つは県内でも有数の進学校だと言うこと。
二つ目に家から自転車で20分と比較的近いこと。

そして……陸上部が無いこと。

どう言った理由で桂水高校に陸上部が無いのかは分からない。
でもそれは、私にとってどうでも良いことだった。

走れないのなら、いっそ無い方があきらめもつく。

そう思いながらも、あきらめきれない自分がいると言うのが本音ではあった。

もしもきっぱりとあきらめていれば、今日から始まる新しい生活に夢や希望を持っているはずだから。