小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

雲は遠くて

INDEX|3ページ/274ページ|

次のページ前のページ
 

2章 MY LOVE SONG



東京都世田谷区にある下北沢駅(しもきたざわえき)は、
小田急線(おだきゅうせん)と京王井の頭線(けいおういのがしらせん)の
ふたつの私鉄が立体交差していて、上を京王井の頭線が走る。

改札口は南口と北口が小田急電鉄、西口は京王電鉄が管理する。
利用状況は、どちらも、1日平均乗降人員が、10万人を超(こ)えている。

大学2年、19歳の清原美樹(きよはらみき)の実家は、下北沢駅よりも、
南に位置する、京王井の頭線の池ノ上駅(えけのうええき)に近かった。

7月の土曜日であった。

店舗や家屋が立ち並(なら)ぶ、一方通行の、都道420号の、
曲(ま)がり角(かど)にあるセブン・イレブンで、
美樹は、信也のクルマを待っている。

午前10時の待ち合わせだった。

梅雨(つゆ)も明(あ)けて、一日天気も良さそうで、
気温も上昇しそうだった。

美樹は、半そでのブラウスと、フレア・スカートで、
涼(すず)しげな服装であった。

ベージュ・ブラウンに、かるく染(そ)めていた
肩(かた)にかかりそうな髪をグラデーション・ボブふうに
カットしたばかりだった。

美樹は、セブン・イレブンの店内で雑誌をめくりながら、
信也のクルマの到着を待った。

信也は大学1年のときに、自分でバイトをして買った、
中古の軽(けい)のスズキ・ワゴンRに乗っていた。

美樹のほとんど目の前のガラス越しに、見慣(みな)れた、
美樹にしたら、切(せ)つないような、
懐(なつ)かしさがこみあげてくる、
淡(あわ)いグリーンのクルマが、しずかに停車(ていしゃ)する。

都道420号沿(ぞ)いの、このセブン・イレブンに駐車場はなかった。

手にしていた雑誌をもとの位置にもどすと、美樹はすばやく店を出る。

「しんちゃん、7分も前に到着よ。
社会人になると、時間に厳(きび)しくなるのかしら。すばらしいわ」

美樹はそういって、信也のとなりに座(すわ)りながら、わらった。

「美樹さまの、いきなり、お褒(ほ)めの言葉ですか。
美樹ちゃんを待たせて、怒(おこ)らせたら、大変ですからね」

信也もわらった。信也は、内心(ないしん)、少(すこ)し、あせっていた。

ひさしぶりに、間近(まぢか)で聴(き)いた美樹の声に、
心臓の心拍数が微妙に上昇しているのを感じたのだった。

信也はバック・ミラーに後続車(こうぞくしゃ)が近づいているので、
すぐにクルマを走らせた。

「えーと、美樹ちゃんの家(うち)までは・・・」

「うん、この先の十字路を左折してください」

「美樹ちゃんちに行くのって初(はじ)めてだよね。
ご両親は、お家(うち)にいるのかな」

「いるわよ。しんちゃんに会えるのを、
とても楽しみにしているみたいだわよ」

「えー、なんか、そういうの苦手(にがて)だなあ」

「だいじょうぶよ、さっさと、クルマを置(お)いたら、
公園に行くわよ。
時間がないんだから、邪魔者(じゃまもの)は、必要ないし」

「美樹ちゃんに、お任(まか)せしますよ。ご両親には、
うまく、紹介してください」

「はい、はい。うまく紹介させていただきますわよ。
川口信也(かわぐちしんや)さんは、大学の先輩で、
大学公認のバンド・サークルのミュージック・ファン・クラブ
(通称 MFC)に誘(さそ)ってくださった、
大切な恩人(おんじん)なんです、なんてね」

「そうそう、いま、特に仲良くさせてもらっている男性なんです、
ってことも、お話ししようかしら・・・」

美樹はわらった。信也もわらった。

去年、2011年の春に、大学に入学して、
美樹は学生証の交付も受けた。

しかし、3月11日の、東北の太平洋沖地震等による災害や、
おさまらない余震(よしん)や、計画停電による交通機関の混乱などから、
2011年度の入学式は、すべて中止となったのであった。

そんな混乱の中であったが、大学4年になった信也は、美樹を見つけて、
熱心に、バンド・サークルのMFCに、誘(さそ)ったのであった。

小学2年のころからピアノを習(なら)っていた美樹は、
キーボードが弾(ひ)けた。

シャキーラ(Shakira)という呼び名で親しまれている、
1977年2月生まれの、コロンビアのラテン・ポップ・シンガー・ソングライターを、
美樹はコーピーして、歌うこともあった。
南米(なんべい)独特の明るいリズムやメロディを持つシャキーラは、
目標にするくらいに、美樹は中学生のころから好きだった。

そんな美樹だから、男女あわせて70人ほどもいるバンド・サークルでも、
すぐに注目された。

美樹を、意識する男子学生が何人もいることも、ごく自然な感じであった。

信也が、彼の好きな椎名林檎(しいなりんご)に何となく似ている美樹を、
意識しないわけがなかった。

しかし、サークルの仲間同士で、女子学生の獲得(かくとく)競争に
なるようなことは、ばかばかしくてやってられないと、信也は思うのだった。

『そんな獲得競争、恋愛競争なら、おれは、いち抜(ぬ)ける、やめるよ・・・』
信也はそう決めたのだった。

そんな自分の判断に、自分の本当の心に、誠実ではない、
素直ではないんじゃないかと、思って、迷うときも、なんどもあった。

そんなときは、たまたま読んで、強烈に印象に残っている、
ロシアの文豪・ドストエフスキーの小説
『地下室の手記(しゅき)』の主人公が語る
「苦痛は快楽である」という言葉を思い出したりした。

その言葉は、逆転したテーゼ(肯定的判断)ともいえるわけで、信也は、
なるほど、ドストエフスキーは、現代作家にも影響の深いといわれるし、
偉大な作家なんだなあと、感心するのだった。

しかし、そんな信也を見ていて、どこか子どもっぽいと、
美樹は感じるのであった。

そして、好感や親しみも深まってゆき、美樹の信也に対する呼びかたも、
川口先輩(せんぱい)とか、信也さんとかから、
しんちゃんになっていたのであった。

「どうして、最近、おれって『しんちゃん』になったんだよ」

あるとき、信也がわらいながら、美樹に聞いた。

「だって、信也さん、私の好きな『クレヨンしんちゃん』と
どこか、かぶるんだもん」

そういって、美樹は悪戯(いたずら)っぽく、ほほえんだ。

「おれも『クレヨンしんちゃん』好きなほうだから、まあ、いいけど。
でも、どうせなら、『ワン・ピ−ス(ONE PIECE)』の
ルフィが好きだから、ルフィとかフィルちゃんとか呼んでくれたらいいのに」

そういうと信也は、何がおかしかったのか、腹を抱えるほど、わらった。

美樹が呼び始めた『しんちゃん』は、たちまち、みんなに広(ひろ)まった。


美樹は家の駐車場に、信也のスズキ・ワゴンRを停(と)めさせた。

家にいる両親を外に呼び出して、美樹は信也を紹介した。

母親は、「美樹も、よく、川口さんのことは話してくれています。
私どもも、川口さんなら安心と思っているんです。
これからもよろしくお願いします」といって、ほほえんだ。

「家でゆっくりしていってください」と父親もいった。

信也は「こちらこそよろしくお願いします」といって、
作品名:雲は遠くて 作家名:いっぺい