小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
いっぺい
いっぺい
novelistID. 45993
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2017-11-12 22:29:17
投稿日時:2013-04-11 19:04:27

雲は遠くて

作者: いっぺい

カテゴリー :現代小説
総ページ数:274ページ [執筆中]
公開設定:公開  

読者数:1/day 313/month 7636/total

ブックマーク数:2 users
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

『雲は遠くて』は、バンドやライブハウスをする、恋愛や友情の、コメディー・タッチな、若者たちの物語です。現在と同時進行の、終わりのないような、次回や結末は作者も知らない、超長編小説です。毎月、1~2話くらいで、書いていく予定です。人生を楽しくしたいと思って、2012年、7月ころから書き始めました。よろしくお願いします。
ぼく自身は、小説を書いたり、合唱でテノールを歌ったり、ギター弾いたりとか、芸術的なことが好きで趣味です。人を楽しくし元気も出る、『笑点』とかの、お笑い芸とかも、芸術だと思います。「いつも青春」が信条です。
ぼくのHPもお時間があるとき、寄ってくだされば、光栄です。
<詩と散文と音楽の広場>
http://www.geocities.jp/z_gogo_hiroba1234/

目次

P259... 124章 中島みゆきの『恋文』をカヴァーする信也
P262... 125章 中島みゆきを語る信也や詩織や美樹や真央たち
P264... 126章 ボブ・ディランの『コーヒーもう一杯 (One More Cup of Coffee)』を聴...
P265... 127章 All We Need Is Love (愛こそは すべて) 
P267... 128章  I LIKE ROLLING STONES (わたしは転がる石が好き)
P268... 129章 下北沢・ビアフェスティバル・2017
P269... 130章 日本人やゴッホの自然観、ゲーテの語る自由
P271... 131章 ゆずの『夏色』と『栄光の架橋』を歌う信也
P272... 132章 りんりんと 歌っているよな 虫の声
P273... 133章 乃木坂(のぎざか)小学校・合唱団の子どもたち

[1]      ≪戻る      19   |   20   |   21   |   22   |   23   

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供